ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

平成28年度八尾っ子元気・やる気アップ提案事業【子どもいきいき実践部門】助成取り組みを決定

[2016年5月19日]

ID:34026

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

八尾っ子元気・やる気アップ提案事業【子どもいきいき実践部門】助成取り組みを決定

平成28年度は12団体からの申請があり、プレゼンテーション審査および書類審査(わくわくコースについては書類審査のみ)を経て、どきどきコース4件、わくわくコース7件の助成団体が決定しました。

どきどきコース

助成団体一覧
取り組み名団体名代表者取り組みの目的や内容決定
金額
~子・己育てに活かそう~
こころとカラダを大切にするってどんなこと?
WAKKA-GONBO
新開 ちあき
子どもの自己肯定感を高めるため、保護者を対象にした講座を開催し、保護者から子どもへ自己肯定感を高める声かけや働きかけにつなげる。
講座については、暴力から身を守る方法を学んだり、ジェンダーや性教育について学ぶプログラムを実施する。
200,000
安心と学習支援の10代の居場所づくり特定非営利活動法人
KARALIN
松田 直美放課後や休日に、部活や塾で過ごす中高校生がいる一方、やりたいことが見つからない、気持ちの休まる場所がないなど、悩みを抱えたり、安らぎを求めながら 行き場所がなかったりする中高校生がいるため、学習サポートも行うティーンズの「つどいのひろば」を開催する。
今年度については、中高生向けに「心と体を大切にするための講座」を開催し、悩みや不安を抱える中高生の参加を呼び掛ける。
200,000
えほんマルシェ
子どもの育ちを
見守る親の会
池田 多瑛
地域・家族の絆やつながりを深めるため、絵本のイベント「えほんマルシェ」を開催し、子育て講演会やワークショップなどを実施することで子育て世帯の交流を図る。
また、中高生を対象に、絵本の「読み聞かせボランティア」を募集し、講座での練習を通して、「えほんマルシェ」当日に読み聞かせを発表することで、子どもの自主性や自己肯定感につなげる。
200,000
ジュニアエコノミーカレッジ
八尾商工会議所
青年部
久保 登嗣
小学生を対象に、模擬株式会社を設立し、計画・仕入れ・製造・販売・決算等のビジネスプログラムを体験させる。地域の将来を担う子どもたちに、商売体験を通じて働くことの意義やお金の大切さ、一つのことを仲間と協力しながら成し遂げることの大切さを伝えることを目的とする。
200,000

わくわくコース

助成団体一覧
取り組み名団体名代表者取り組みの目的や内容決定
金額
起立性調節障害(OD)の周知と理解の為の専門医による講演会と交流会
起立性調節障害(OD)家族の会~snow~
星島 久美
不登校の原因となっている起立性調節障害(OD)という病気を経験した子ども(親)達の経験談と、専門医の講演会を開催し、参加者に正しい病気についての理解を深めてもらう。終了後は交流会を開催し、病気へのより深い理解と交流及び情報交換を行う。
50,000
夏休み親子教室「親子でいのちを考えよう」
~助産師と語り合おう~
八尾の助産師の会
松村 真帆子
小学校低学年までの子どもとその保護者を対象に、命の講座を実施し、次世代を担う子どもたちに、命の重みや大切さを実感してもらう。また、講座後に子育てについて語り合う交流会を行うことで、保護者の子育てに対する不安や悩みを軽減させ、虐待の予防・啓発につなげる。
50,000
きっと もっと育める・・・心がつなぐコミュニケーション
「親子で社会スキルを学び実践!竹御飯&たけぽっくりを作ろう」
子育て支援プロジェクトサンシャイン
山川 佐智子
子育てをする環境が昔と違い、「どのように子どもと関わればいいかわからない」といった悩みを持つ保護者を対象に、コモンセンスペアレンティングのプログラムを野外活動を通じて実践する。
親と子のきずなを深め、愛情豊かな情緒を育むことを目的とし、親力・地域ネットワークづくりに寄与する取り組みを実施する。
50,000
チャレンジ人形劇
八尾人形劇連絡会
田川 幸子
乳幼児・小学生までの子どもを対象に、ワークショップ型の人形劇を実施する。
人形劇鑑賞後に、子どもたち自身が人形を製作・人形劇に挑戦することで、子どもたちの感受性・共感性を引き出すことを目的とする。
50,000
「今」を知ろう!子どもとスマホ
親と子のいんた~ねっとYAO
谷浦 佳美
スマートフォンの普及に伴い、大人も子どもも正しい知識とリスクに対応する必要があることから、保護者を対象とした講座を開催し、スマホのリスクマネジメントを学び、今後の子育てや子どもへの声かけに活かすことを目的とする。
50,000
しゃぼんだままつり
しゃぼん玉 幼児教室
中谷 弘子
子育て世帯の交流会と「クラウンファミリープレジャーB」による公演を実施する。
生のプロの芸術を親子で触れることによって豊かな感受性を育み、親子で共感して楽しめる場をつくることを目的とする。
また、昨年度に続き「つながり」に重点を置き、参加者同士でのミニワークショップ実施や、地域の子育て情報コーナーを設置する。
50,000
スポーツは人づくり 
~伸ばそう!コミュニケーション力~
CAPプロジェクトやお
伊藤 栄子
「児童デイサービス チーチャット・スポーツ塾」において、発達障がい児の運動・スポーツ指導をされている森嶋勉氏を講師に迎え、「スポーツの究極の目標は人づくり。スポーツはみんなのもの」という復位的観点から、まず大人を対象に、からだづくりの重要性やスポーツの活かし方を学ぶ講座を開催する。スポーツを通しての人づくりについて学び合うことを目的に実施する。

50,000

お問い合わせ

八尾市こども未来部こども政策課

電話: 072-924-3988

ファックス: 072-924-9548

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?