ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

家庭教育を考える市民集会の開催

[2018年11月2日]

ID:35615

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

平成30年度 家庭教育を考える市民集会の開催

 青少年非行の低年齢化が大きな社会問題となり、その背景の一つに家庭の教育力の低下があげられています。
次世代を担う青少年の健全な育成にとって家庭教育は極めて重要な役割を持つため、市民をあげて家庭教育に対する関心と理解を深めるとともにそのあり方について考える機会として開催するものです。

 主催 : 青少年健全育成八尾市民会議 ・ 八尾市

 日時平成30年11月17日(土)午後2時~3時30分(受付1時30分から)
 
 場所八尾市文化会館(プリズムホール) 小ホール

 内容 : 講演

 ・ テーマ   「子どもたちの自己肯定感と放課後の意義」

 ・ 講師    特定非営利活動法人 放課後NPOアフタースクール
         理事 有坂 絢子(ありさか あやこ) 様

講師の写真

 自己肯定感とは、自分のあり方を積極的に評価できる感情、自らの価値や存在意義を肯定できる感情を意味します。日本の子どもたちは、この心のエンジンともいえる自己肯定感がとても低く、「自分は価値ある人間だと思う」と答えた子は各国比較でも非常に低い数値となっています。講演では、子どもたち一人ひとりの良さ・個性に目を向け伸ばしていける放課後の時間に焦点をあて、家庭や地域において大人が子ども達の自己肯定感を伸ばしていくためにできることについて、アフタースクールでの事例を交えながらお話ししていただきます。

お問い合わせ

八尾市こども未来部青少年課 

電話: 072-924-3874

ファックス: 072-924-9548

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?