ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

vol.17 地元の野菜を食べてほしい〜おんぢ若菜の会〜

[2017年3月20日]

ID:38893

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

vol.17 地元の野菜を食べてほしい〜おんぢ若菜の会〜

おんぢ若菜の会(恩智中町2)

おんぢ若菜の会のみなさん

平成13年、地域の生活改善グループで活動していた専業農家の女性たちにより設立。毎週金曜日、恩智駅近くの直売所で旬の野菜を中心に販売している。「平成21年度近畿地産地消優良活動表彰」受賞。

設立のきっかけは?

  「地元の農産物を地域の人に食べてもらいたい」という思いで、平成13年5月から活動をスタートさせました。

どんな直売所?

 単に農産物の販売を行うのではなく、加工施設を併設して菓子・みそ・惣菜などの加工品の製造販売に取り組んでいます。
 また、地元の野菜をよりおいしく食べられる調理法も提案しています。例えば八尾若ごぼうは、根・軸・葉のすべてを食べられることを知らない人が多いので、下処理の方法から伝えるようにしています。そうすることで、かき揚げや炊き込みご飯などを若い世代にも自宅で気軽に調理してもらえるようになることが目標です。

会の活動は?

 府や市、JAなどと連携し、市の特産物である枝豆や八尾若ごぼうなどの魅力を市内外に広める活動や、地元の小学生や幼稚園児などへの食育活動・地域学習にも積極的に取り組んでいます。コミセンなどで調理実習を行った際に、野菜嫌いな子どもでも、地元の新鮮な野菜を使った料理をおいしいと言って食べてくれることがうれしく、やりがいを感じます。
 

今後の展望は?

 「地産地消」「食育」「農地保全」を目標に、八尾の農業の発展に貢献していけるよう活動を続けていきたいと考えています。
 また、これから枝豆が旬の季節になるので、採れたての新鮮な枝豆を皆さんに食べてもらいたいです。

vol.17 地元の野菜を食べてほしい〜おんぢ若菜の会〜

Adobe Reader
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ

八尾市経済環境部産業政策課

電話: 072-924-3845

ファックス: 072-924-0180

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?