ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

犬・猫を飼えなくなったら

[2018年5月24日]

ID:41670

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

本当に飼うことができませんか?

 本当に飼うことができないのか、もう一度よく考えてください。犬や猫にも当然ながら命があります。その命をむやみに奪ったり、傷つけたり、遺棄することは犯罪にあたります。動物を飼い始めた以上、彼らが天寿を全うするまで飼うのは、法律にも定められている飼い主の義務です。

 飼い続けられなくなったら、新しい飼い主さんをご自身で探してください。身近に飼える人がいない場合、インターネットの里親募集サイトを利用するという方法もあります。また、引取り・譲渡を行っている愛護団体もありますので、そういった所へ問い合わせてみてください。

 やむを得ない事情がある場合には、保健衛生課へご相談ください。相談に至った経緯を詳しくお聞きし、改善点等をアドバイスします。

 以下のような理由の場合、改善可能であるとして、引取りをお断りすることがあります。

咬み癖や鳴き声などの問題行動がある

犬や猫の問題行動は、適切なしつけや飼育環境の整備で改善できるものが多くあります。それ以外にも、治療できる場合がありますので、行動診療を専門とする獣医師の先生にご相談いただくと解決につながるかも知れません。まずはかかりつけの動物病院や、しつけ教室の先生があればたずねてみてください。

病気や高齢のペットの介護が負担になる

飼い主さんの負担の軽くなるようなケア方法について、かかりつけの動物病院に相談してみることをおすすめします。どうか飼い主さんの近くで天寿を全うできるよう、考えてあげてください。

引越しで飼えなくなった

なるべく、ペット飼育可の物件を事前に探してください。
事情があって引っ越し先に連れていけない場合、ご家族やお友達に里親となってもらえないかどうか相談してみてください。

お問い合わせ

八尾市健康福祉部保健衛生課(保健所)

電話: 072-994-6643

ファックス: 072-922-4965

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?