ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

HIV/エイズとは

[2018年4月1日]

ID:41983

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

エイズとは?

エイズ(AIDS)は日本語で「後天性免疫不全症候群」といい、エイズの原因ウイルスであるHIV(ヒト免疫不全症候群)感染による免疫力の低下によって発症する様々な病気の総称(症候群)です。

AIDS・・・Acquired Immuno Deficiency Syndrome(後天性免疫不全症候群)

HIV・・・Human Immunodeficiency Virus(ヒト免疫不全ウイルス)

混同されがちですが、「HIVに感染する」ことと、「エイズを発症する」ことは違います。

感染から発病まで

HIVに感染してもすぐにエイズを発症するわけではありません。
とくに自覚症状のない時期が約数年~10年続きます。このため、感染にまったく気づいていないことも多いのです。
ただ、症状がなくても体液にはHIVが存在するので、パートナー等に感染させる可能性はあります。

感染する可能性のある行為は?

HIVの感染源となるのは、精液、膣分泌液、血液、母乳です。
これらの体液が粘膜(尿道の先、膣や肛門の中、口の中など)に直接触れると感染する可能性があります。
その感染経路は性行為、母子感染、血液感染です。
現在日本での感染のほとんどが、性行為によるものです。
HIVを含む血液や精液、膣分泌液などが性行為によって性器、直腸、口などの粘膜や傷口から体内に入り、感染をおこします。

こんなことでは感染しません

HIVは非常に感染力の弱いウイルスです。
以下のような普段の生活の中では感染することはありません。

・咳・くしゃみ

・コップの回し飲みや、同じ食べ物をつつく

・握手、つり革や手すり

・トイレ、お風呂やプール

・理髪店や美容院

・蚊やハエ、ノミ等の昆虫や動物

・軽いキス

予防方法について

まず、HIV/AIDSや性感染症について、正しい知識を持つことが大切です。

そのうえで、一番の予防方法はコンドームを使う事です。
ピルは避妊の効果はありますが、感染症の予防にはなりません。

HIVについての情報は大阪府エイズ・HIV情報(別ウインドウで開く)もご覧ください。

お問い合わせ

八尾市健康まちづくり部保健予防課(保健所)

電話: 072-994-6644

ファックス: 072-922-4965

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?