ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

傷ついた野生動物を見つけたら

[2018年4月1日]

ID:42066

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

負傷した野生動物を見つけたとき

 野生鳥獣を許可なく捕獲したり飼ったりすることはできません(鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律)。
自然の中で傷ついた野生鳥獣を見かけても、原則そのままそっとしておいてください。

 ただし、交通事故等、明らかに人間の活動の影響によって負傷した野生鳥獣は、救護の対象になります。


傷病野生鳥獣救護ドクターの紹介

傷ついた鳥獣の状態によっては、必要に応じて救護ドクター(獣医師)をご紹介します。
以下の窓口にお問い合わせください。

大阪府 中部農と緑の総合事務所 みどり環境課

〒581-0005
八尾市荘内町2丁目 中河内府民センタービル内
TEL 072-994-1515(代表)
受付時間:平日9時~17時45分

  • 大阪府より救護ドクターに受け入れの了承を得た上で、救護者へ紹介します。
  • 救護ドクターは通常の診察の空き時間等を利用して野生鳥獣の診療を行うため、すぐには対応できないことがあります。
  • 原則として、救護者本人がご自身で救護ドクターへ持ち込んでください。
  • 野鳥のヒナドバトカラススズメなど農林水産業被害や生活環境被害の原因となるもの、感染症を疑うもの等は対象外です。
  • 状況によっては、必ずしも救護ドクターの紹介とはならないことをご了承ください。

詳しくは以下のリンクをご覧ください。

大阪府/傷ついた野生鳥獣を見かけたら(別ウインドウで開く)


お問い合わせ

八尾市健康福祉部保健衛生課(保健所)

電話: 072-994-6643

ファックス: 072-922-4965

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?