ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

♪公園で安全に楽しく遊ぼう♪  ~遊具で遊ぶときのルール 夏休み編~

[2018年7月18日]

ID:43416

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

~夏休み編~

安全に公園で遊ぶために確認ください!

セミの鳴き声も聞こえ始め、公園でこどもたちが虫取り網を片手に元気に走り回っている様子が

夏を感じさせてくれる季節となりました

八尾市内の小学校は、まもなく夏休みを迎えます

なが~い夏休み、子どもたちが公園で元気よく遊ぶ機会が増えます

全国の公園では、
最近、遊具での重大な事故が発生しています。

公園で安全に子どもたちが遊具で遊ぶためには、周囲の大人の見守りが必要不可欠です!

遊具での事故を未然に防ぐために、特に注意していただきたいチェックポイントを下記に記載しますので、
子どもと一緒に遊ぶ前にご確認ください。



■遊ぶときの服装


  • 動きやすい服装
  • 身につけてはいけないもの    
   ランドセル、リュックサック、斜めがけカバン(ポシェットなど)、ひも付きの携帯電話やカギ、
   水筒、ヘルメット、フード付き・ひも付きの衣類など

   ※特に、ひも付きの水筒を身に着けて公園に出かけると思いますが、
     
     遊具で遊ぶときは、ひも付きの水筒を必ず取り外して遊んでください。
     (引っ掛かりなどが原因で重大な事故につながります)


■遊具など遊ぶ場所の確認

公園のイラスト  画像
  
  • 夏の日中は、遊具が直射日光をうけて、とても熱くなっています。

    すべり台のすべり面などで、やけどをすることがありますので、遊具を使用の際はご注意ください。

 

  • 遊具が壊れていないか、また、壊れそうになっていないか。
    ネジの緩み、ブランコ吊金具やクサリの摩耗など
   
  • ガラスの破片など散乱していないか。
  • ケムシ(チャドクガなど)が発生していないか。 

   (樹木の葉の裏側などにケムシが発生している場合があります)

    ※遊具などの破損、ガラス破片の散乱やケムシの発生を発見されましたら、

     土木管理事務所(電話番号:072-994-1340)へご連絡くださいますようにお願いいたします。



■子どもの遊びかたの確認


  • 子どもは、様々な遊び方をします。子どもの健やかな成長には、遊びや冒険は必要不可欠ですが、危険な遊びを見かけられましたら、周りの大人がやさしく言葉がけするようにお願いします。
  • 3歳から6歳の幼児には必ず大人が付き添ってください。また、6歳から12歳の児童についても、子どもの遊び方について大人が見守るようにしてください。
  • 公園は、火気厳禁です。公園内で、花火、バーベキューなど火を使用することはできません。
  • また、一般社団法人 日本公園施設業協会で制作されています「仲良く遊ぼう安全に」のパンフレットに遊具で遊ぶときの注意事項についてイラストつきでわかりやすく説明されています。

猛暑日が続いておりますが、公園で遊ぶときは、
熱中症に気をつけ、水分はこまめに摂るように心がけましょう


この季節は、日が暮れる時刻が午後7時を過ぎます。

子どもたちは、遊ぶのに夢中になって、時間を忘れて公園で遊んでしまうこともありますが、
ご家族で決められた帰宅時間に帰宅するように、大人が気を付けて言葉がけするようにお願いします。

子どもが楽しく安全に公園で遊ぶために、今一度、ご確認ください! 
 


お問い合わせ

八尾市都市整備部みどり課

電話: 072-924-3869

ファックス: 072-924-0216

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?