ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

八尾木の伝統文化体験しよう「つくりもん教室」が開催されました!

[2018年10月2日]

ID:43499

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

八尾木の伝統文化「つくりもん」とは?


 曙川小学校区の八尾木地区には江戸時代より五穀豊穣を祈願した祭りとして、
「つくりもんまつり」という伝統文化があります。元々は、八尾木不動講の夏祭り(8月28日)に合わせて開催されていましたが、
近年では9月の最終土曜・日曜日に八尾木地区周辺にて開催されています。

現在も「つくりもんまつり」は継承されており、八尾木の秋の風物詩として根付いております。

曙川小学校区まちづくり支援事業「つくりもん教室」が開催されました!!

平成30年9月29日(土曜日)に曙川コミュニティセンターにて、
曙川小学校区まちづくり支援事業「つくりもん教室」が開催されました。

つくりもん教室は、八尾木の伝統民芸つくりもんまつりについて、出展者として作品を製作、展示
するまでを体験してもらう教室で、気軽に「つくりもん」に触れることが出来ます。
また、つくりもんについて理解を深めてもらい、今回作品の出展を経験してもらうことによって、
次世代の担い手不足に悩まされているつくりもん祭りの継承につながることを期待して開催しております。

当日は、日本全国のつくりもん(作り物)についての研究をされている、大阪教育大学の碓田智子先生を講師にお招きし、
曙川コミュニティセンターにてつくりもんに関する講義と「つくりもん」の製作が行われました。
参加者は老若男女さまざまな世代総勢30名近くの方にご参加いただき、会場は盛況となりました!

実際につくりもんを作るにあたっては、約1時間30分程度の製作時間となりましたが、皆さん野菜たちを上手に使い、
今回の製作テーマ「サッカー~W杯~」にならって、選手や監督、観客などを作り上げていました!

つくりもん教室の様子

講義の様子


教室の講義の様子
(まずは、つくりもんの基礎知識を!)

作品(サッカー)

教室で作った作品
(テーマ:サッカー~W杯~)
フィールド内に選手、ゴールネット前にキーパー、
周りには監督や観客など。

展示場所



最後は、作った作品たちを
つくりもん祭りに出展をさせていただきました!
(場所は、八尾木町内会館)

つくりもん教室の概要について

  • 開催日時:平成30年9月29日(土曜日) 午後1時30分~午後4時
  • 開催場所:八尾市立 曙川コミュニティセンター2階 ほか
  • 講  師:大阪教育大学 教育学部 教授 碓田 智子 先生
  • 主  催:八尾市 曙川出張所

お問い合わせ

八尾市人権文化ふれあい部曙川出張所(曙川コミュニティセンター)

電話: 072-922-3456

ファックス: 072-993-9527

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?