ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

「罹災(りさい)証明書」及び「被災(ひさい)届出証明書」について

[2018年9月18日]

ID:44011

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

「罹災(りさい)証明書」「被災(ひさい)届出証明書」について

 平成30年9月4日(火曜日)台風21号により被害を受けられた皆様には、心よりお見舞い申し上げます。

〈概要〉

八尾市では、自然災害により生じた八尾市内の住宅の被害の程度の証明及び、届出証明を無料で行っています。
これらの証明書は、保険金(見舞金)の申請などを行うときに必要になることがあります。
※あらかじめ保険会社等提出先に、下記の記載を参考に、いずれの証明書が必要かをご確認ください。


罹災(りさい)証明書とは

「住んでいる家屋」の被害の程度を証明するもので、八尾市内で被害を受けた家屋が対象です。
車、カーポート、家具など家屋に該当しないものは対象外です。
市職員(調査員)による「住家の被害認定調査」を行い、被害程度を判定します(注)
 (注)被害認定について
 
住家の被害認定は、内閣府が定めた「災害に係る住家の被害認定基準運用指針」等に基づき、「全壊」、「大規模半壊」、「半壊」や半壊に至らない「一部損壊」の4区分で「被害の程度」を判定し認定するものです。
被害程度の区分
被害の程度 損害割合
全壊 50%以上
大規模半壊 40%以上50%未満
半壊 20%以上40%未満
一部損壊半壊に至らないもの
※お住まいの住宅の被害について、修理を急ぐ等被害認定調査が間に合わない場合や、現状では罹災証明書の提出先がなく被害認定調査まで必要ないと思われる場合は、損傷箇所を写真に撮っておかれたうえで、必要時にご相談ください。

被災(ひさい)届出証明書とは

被災した方が、「災害により被害を受けたという届出を市長に提出したこと」を証明するものです。
被害対象は家屋に限りません。
市職員(調査員)による住家の被害認定調査は行わず、被害程度についても判定しません。


〈申請手続き〉

(1)罹災(りさい)証明書の申請について

罹災(りさい)証明書
申請できる人災害により被害を受けた家屋の使用者、所有者等(住んでいる家に限ります)
申請方法市民税課に電話(072-924-3832)もしくは、来庁の上依頼してください。下記のことをお聞きしたうえ、追って調査員より訪問する日時の連絡をさせていただきます。
(1)氏名
(2)住所
(3)昼間に連絡のつく電話番号
(4)使用目的
(5)一戸建てか集合住宅、持ち家か借家等、被害を受けた家屋の特定に必要な事項
(6)被害を受けた部分
発行に要する期間訪問調査後からおおむね1週間程度(混雑状況により変動します)
発行可能となった段階で電話連絡しますので、原則、市民税課(市役所2階2番窓口)にお越しください。
(来庁困難な方については郵送いたしますので申し出てください。)
受付時間月曜から金曜までの午前8時45分から午後5時15分まで(祝日・年末年始を除く)

(2)被災届出証明書の申請について

被災(ひさい)届出証明書
申請できる人災害により被害を受けた家財、車、店舗等の使用者、所有者等(家屋に限りません)
申請方法市民税課2番窓口に、下記のものをご持参の上、お越しください。
(1)被災届出証明書申請書
 (窓口でお申し出ください。また、下記から様式をダウンロードできます。)
(2)被害状況の写真
(3)修理する部分の見積書
(4)印鑑
(5)来られる方の本人確認書類
(6)委任状(※本人や同居の親族以外が申請される場合)
発行に要する期間書類が確認できれば即日で発行します。
受付時間月曜から金曜までの午前8時45分から午後5時15分まで(祝日・年末年始を除く)

被災(ひさい)届出証明書の申請書

〈その他〉

八尾市における各種支援制度は下記をご覧いただき、担当課へお問い合わせください。
https://www.city.yao.osaka.jp/0000043980.html(別ウインドウで開く)

お問い合わせ

八尾市財政部市民税課

電話: 072-924-3832

ファックス: 072-924-8838

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?