ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

「ホップ!ステップ!キャンプ!」を実施しました!

[2018年10月30日]

ID:44441

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

「ホップ!ステップ!キャンプ!」~みんなでつくって楽しさ100倍!~

 「みんなでテントや必要なものをつくってキャンプをしたい。」という夢を実現するため、八尾市立大畑山青少年野外活動センター(アクトランドYAO)で「ホップ!ステップ!キャンプ!」が行われ、八尾市内の小学生42名が参加しました。このキャンプでは、竹を伐採して組立てる手作りテントや、子どもたちが考えたオリジナル献立メニューなどに挑戦しました。

企画会議[9月2日]

企画会議の様子

 今回のキャンプでは、初めて会う友だちもたくさんいるので、まずはみんなの名前を覚えよう、と『積み木自己紹介』をしました。ゲームをしながら班の友だちの名前を覚え、班対抗のゲームで楽しみました。

 続いて、キャンプ本番の日に寝るテントや、ご飯を食べる食器などの”手作り”に挑戦します。そこで、その材料となる竹を調達しに、みんなで竹やぶに行きました。大学生リーダーに教えてもらいながら、竹をどんどん伐採して、みんなで協力しながら運びました。

 12時になり、待ちに待った昼食タイム!メニューは焼きそばとおにぎり。どのグループも力を合わせて、とても美味しそうな焼きそばとおにぎりをつくりました。お腹いっぱい食べた後はきちんと食器洗いと片付けをして、昼食タイムを楽しく過ごすことができました。

 昼食後、再び竹の材料集めにとりかかります。どの班も暑い中、竹の伐採をがんばったおかげで、「たくさんの竹を集めること」のノルマを達成することができました。

 最後にキャンプミーティングを行います。班ごとにキャンプ本番の『晩ご飯のメニュー』『朝ご飯のメニュー』『夜のプログラム』を考えました。各班、オリジナル献立メニューを作るため、次回のキャンプまでに作り方や必要な食材などを自分たちで調べ、本番にのぞみます。

キャンプ1日目[10月13日]

テント組み立ての様子

 9月の企画会議のときに伐採した竹を使って、班ごとに寝床となるテントをつくります。竹の開き具合によって、形や大きさが様々で、それぞれ特徴のある6つのテントが出来上がりました!

 昼食は、おにぎりと具沢山うどん。応援にかけつけてくれた田中市長と一緒におにぎりをにぎって、とっても美味しくいただきました。

子どもたちの買い物の様子

 各班の夕食・朝食メニューをもとに、買い出しリストをつくります。自分たちで調べたレシピから、何の食材がどれくらい必要かを話し合ってから、買い物にいどみました。スーパーでは、買い物リストと各班の予算を確認しながら、野菜やお肉、デザートなど、カゴがいっぱいになるくらいの買い物をしました。

夕食づくりの様子

 買って来た食材をテーブルにならべ、夕食コンテストに向けて、夕食づくりを行います。調理担当と火おこし担当に分かれるなど、みんなで協力して取り組みました。

 完成した各班の夕食をスタッフが審査する『夕食コンテスト』を行いました。想像以上にどの班も美味しく、ジューシーなハンバーグをつくった3班と、お店のようなチャーハンを作った5班が見事、優勝しました。おめでとう!

夜のプログラムの様子

 夜のプログラムとして、十五夜にお月見のお供え物をこの日に限って子どもたちが盗んでもいいという日本の風習『お月見泥棒』を肝だめしバージョンで行いました。ちょっぴりこわくて楽しい夜のプログラムでした。

 1日の終わりはドラム缶風呂。みんなで仲良くお湯に浸かりました。

キャンプ2日目[10月14日]

朝食づくりの様子

 2日目もお天気に恵まれ、朝食作りに挑戦します。朝食コンテストでの優勝は、お麩を使ってフレンチトーストを作った4班と、炊き立てのご飯で焼おにぎりを作った1班でした。どの班も工夫していて、美味しい朝食ができました。

 朝食後は、みんなで協力してテントを撤収し、キャンプ場を片付けます。次に利用する人が気持ちよく使えるよう、しっかりと取り組みました。

集合写真

 いよいよキャンプも閉会です。活動中の写真を見ながらキャンプを振り返り、お世話になったリーダーと楽しかったことや大変だったことの感想を話し合い、最後にみんなで集合写真をとって、閉会しました。

お問い合わせ

八尾市こども未来部こども政策課

電話: 072-924-3988

ファックス: 072-924-9548

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?