ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

新版八尾市史 現地調査報告会の開催(平成30年度第3回)

[2018年11月20日]

ID:44670

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

市史調査のために調査したことを研究者が読み解きます

八尾市域の歴史にかかる史料調査を進めるなかで、皆さまに古文書調査の成果を紹介する報告会です。
古文書という歴史遺産(史料)をもとに、調査研究者が丁寧に読み解くことにより、皆さまに市域の歴史遺産の見方についての理解と、新版八尾市史編纂への関心を深めていただければ幸いです。

【内容】
★古文書の紹介と解説等
報告1「捨子(すてご)をめぐる村の対応」
※仲田 侑加(ゆか)氏(市史調査員)

報告2「八尾の川と舟運(しゅううん)」
※松本 充弘(あつひろ)氏(市史調査員)

報告3「江戸時代に生きた人々の倹約(けんやく)」
※北林 千鶴(ちづる) (市史編纂室)

総括
※藪田(やぶた)貫(ゆたか)氏(兵庫県立歴史博物館館長・市史編纂委員・市史編集委員長)

●あわせて、当日は書籍『新版八尾市史 近世史料編1(3,500円)』『新版八尾市史 考古編1(5,000円)』『物語八尾の歴史(350円)』の販売を行います。


<日時>:平成30年12月16日(日)午後1時30分~4時  ※受付開始時間:午後1時~

<場所>:八尾市教育委員会 文化財課 市史編纂室 2階会議室
〒581-0868八尾市西山本町三丁目5番25号
※駐車場はございません。お車でのご来場はご遠慮ください。

<定員>:60名 当日先着順

<問合先>:文化財課 市史編纂室
        電話番号:072-924-3038
        FAX番号:072-924-3785

チラシ

現地調査報告会チラシのダウンロードはこちらから

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?