ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

部活動について

[2019年4月1日]

ID:46048

八尾市立大正中学校 部活動に関する活動方針

                                                  八尾市立大正中学校部活動に関する活動方針

 

                                                                                                                                                                    平成31年3月

                                                                                                                                                                 校長  柿並 祥之

 

1 部活動の目的

 (1)部活動は、スポーツや文化及び科学等に親しませ、学習意欲の向上や責任感、連帯感の涵養等、学校教育が目指す資質・能力の育成に資するものである。

 

(2)部活動は、異年齢との交流の中で、生徒同士や生徒と教員等との好ましい人間関係の構築を図ったり、生徒自身が活動を通して自己肯定感を高めたりするなど、生徒の多様な学びの場として、また、部活動の様子の観察を通じた生徒の状況理解等、教育的意義は大きいものである。

 

(3)部活動は、生徒の自主的・自発的な参加により行われ、学校教育の一環として教育課程との関連を図り、合理的でかつ効率的・効果的に取り組むべきものである。

 

2 部活動の運営

 (1)設置している部活動

    野球部 テニス部 陸上競技部 剣道部 水泳部 卓球部 ソフトボール部  男子バレーボール部 女子バレーボール部

       男子バス ケットボール部  女子バスケットボール部

     吹奏楽部 美術部 技術部 家庭科部

 

 (2)活動計画

   ア 部顧問は年間活動計画及び月別活動計画を作成し、計画的な活動を行う。

   イ なお、月別活動計画には、登校時刻及び下校時刻を記載するものとする。

     *それぞれの時期による最終下校時刻はつぎのとおりとする。

          ・3月~10月(大中祭)……………18時

          ・10月(大中祭翌日)~2月………17時30分

          

 (3)休養日の設定

   ア 学期中は、週当たり2日以上の休養日を設ける。(平日は少なくとも1日、土曜日及び日曜日は少なくとも1日以上を休養日とする。)

 

      イ 公式戦への参加やそれにむけた練習等により、休養日を設けることができない場合は、休養日を当月中に振り替えるものとする。

      やむをえず、当月内で振り替えることができない場合は、前月または翌月で休養日を設けるものとする。

   ウ 長期休業中の休養日の設定は、学期中に準じた扱いを行う。また、生徒が十分な休養を取ることができるとともに、部活動以外

    にも多様な活動を行うことができるよう、ある程度長期の休養期間(オフシーズン)を設ける。

 

 (4)活動時間

   ア 1日の活動時間は、長くとも平日では2時間程度、学校の休業日(学期中の週末を含む)は3時間程度とし、できるだけ短時間に、

    合理的でかつ効率的・効果的な活動を行う。

 

 

3 活動上の留意点

 (1)生徒の心身における健康管理及び事故防止の徹底

 (2)体罰やハラスメントの根絶の徹底

 (3)大阪府及び八尾市の指針に準じた熱中症事故の予防

 (4)各部活動の活動方針・活動計画の周知

 

 

4 その他

 (1)参考資料

   ア 運動部活動の在り方に関する総合的なガイドライン(スポーツ庁平成30年3月)

   イ 文化部活動の在り方に関する総合的なガイドライン(文化庁平成30年12月)

   ウ 大阪府運動部活動の在り方に関する方針(大阪府教育委員会平成30年9月)

   エ 大阪府文化部活動の在り方に関する方針(大阪府教育委員会平成31年2月)

   オ 八尾市運動部活動の在り方に関する方針(八尾市教育委員会平成31年2月)

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?