ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

新校長着任の挨拶

[2021年4月28日]

ID:46533

着任の挨拶

校長 加藤 賢一

このたび、田川宗良前校長のあとを受け、4月1日 から龍華中学校の校長として着任しました 加藤賢一です 。それまでの 2 年間は龍華小学校長 として同じ校区で勤務していました。 また、平成10年から6年間、龍華中学校で体育科の教員として勤務していましたので、大変懐かしく感じています。 これから、この龍華中学校で心新たに頑張りたいと思っていますので、よろしくお願いいたします。

今年度も新型コロナウイルス感染症の感染が拡大する中で、新年度をスタートしました。
入学式も、昨年度の入学式、卒業式と同様に、人数を制限しての実施となりました。大変厳しい状況の中ではありますが、感染防止に最大 限 配慮しながら、 通常の学習活動が実施できるよう努めていきたいと考えています。

入学式に、新入生へ次のような話をしました。

「(略)
今日は 小学校の卒業式と同じように 、新型コロナウイルス感染症の 感染拡大防止のため、皆さんと保護者の方だけでの入学式となりました。 龍華中学校には、龍華小学校、永畑小学校など、いくつかの学校から入学してきています。皆さんの心の中には、希望や不安、期待など、いろいろな気持ちがあると思いますが、これからは、同じ仲間として仲良く学校生活を送ってほしいと思います。

皆さんはミケランジェロという人を知っていますか?
十五世紀、日本では江戸時代よりも前の時代に、ローマで活躍した画家、彫刻家です。 教会の壁や天井にとても大きな作品を描きました。 徳島県の大塚美術館には、ミケランジェロの作品を陶板に複製して展示してあります。 天井に描かれた大きな絵は、 実際に描かれているローマのシスティーナ礼拝堂と同じ大きさの大きな部屋に同じ大きさで展示してあり、その迫力と美しさはとても素晴らしく、心に迫ってきます。その天井の広さは、幅が約十三メートル、奥行きが約四十メートルという広さで、ミケランジェロは、約三年間をかけて作品作りに取り組みます。

天井に描くためには、足場を組んだ高いところで、ずっと上を向いたままで 、描くことになります。普通の紙や壁に描くのとは違う難しさと大変さに耐えながら、素晴らしい作品を創ろうと、情熱を失わず、ミケランジェロは三年間、描き続け、歴史に残る素晴らしい作品を完成させました。三年間といえば、皆さんがこの龍華中学校で過ごす期間と同じです。皆さんは、ミケランジェロに負けないくらいの熱い気持ちと真剣さと、粘り強さで、たくさんのことを学び、身につけ、自分自身の可能性を大きく開いていってほしいと思います。中学校生活の中では、楽しいこと、大変なことなど、いろいろなことに出会うと思います。そんなことがあっても、ミケランジェロが三年間、天井に向かい続け、首や体の痛みに耐えながら、作品創りに打ち込んだように、 皆さんも粘り強く乗り越えていってほしいと思います。困ったとき、苦しい時には、遠慮なく先生方に相談してください。一人で抱えるよりも、相談したほうが、早く乗り越えられます。龍華中学校の先生は、皆さんの頑張りを温かく支えていきます。

昨年は、新型コロナウイルス感染症の流行のため、学校が休校となり、修学旅行や体育大会ができなくなったりしました。今年も感染が今も拡がっていて、感染防止のために気を付けながら学校生活や学習を行わなければなりません。もしかしたら、もしかしたら、予定していた行事が変更になるかもしれません。しかし、皆さんは経験したことのない、とても大変な困難な時期を過ごし、それを乗り越える力や耐え抜く力を身につけてきました。これからの中学校生活でも、大きな力になり、役に立っていくはずです。明るく前向きに、自分らしく精一杯、誠実に取り組み、新しい取り組み、新しい中学校生活を充実したものにしてください。(略)」

新入生にとっても在校生にとっても、人生のなかでとても大切な3年間です。コロナ下で様々な困難さ、不便さのなかでの学校生活が続いていますが、生徒ひとり一人に、困難を乗り越える力(レジリエンス)が身につき、磨かれていると感じています。「ひとり一人をどこまでも大切にする」との基本方針を教職員全員が心に留め、生徒が将来の糧となる学びや体験を重ね、心も体も鍛えられるような毎日が送れるよう、見守り続けていきたいと考えています。

                            八尾市立龍華中学校 校長 加藤 賢一

お問い合わせ

八尾市 (小・中学校、義務教育学校)龍華中学校

電話: 072-991-2934

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?