ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

八尾の指定文化財

[2020年4月20日]

ID:46868

八尾市の指定文化財

 八尾市には、国指定文化財(6件)国登録有形文化財(27件)、重要美術品(旧法)(2件)、府指定文化財(21件)、市指定文化財(65件)があります。


※指定文化財のくわしい内容については、【八尾市文化財情報システム】より検索してご覧いただけます。
市内の指定文化財の件数(令和2年3月現在)
種類 建造物 絵画 彫刻 工芸品 書跡
古文書等 考古資料 歴史資料
民俗文化財 無形民俗文化財 史跡 天然記念物 登録文化財 その他
国指定文化財 0 0 1 0
0
1 0
0
1 0 3
0 27 旧重要美術品2
府指定文化財 1
1 4 2 0
0 3
1
0 0 6 3 - -
市指定文化財 10 18
10
3 1
7 10
1
0 1 4 0 - -
合計
11
19 15 5
1
8 13 2
1 1 13 3 27 2
「由義寺跡」が、平成30年2月13日に国史跡に指定されました。
詳しくは、こちら→「由義寺・道鏡関連情報」(別ウインドウで開く)


令和元年度大阪府指定の文化財は、歴史資料1件です。(令和2年3月12日指定)
【歴史資料】 満所キリシタン墓碑(まんしょきりしたんぼひ) 1基
満所キリシタン墓碑


時代:安土桃山時代
員数:1基
所在地:八尾市立歴史民俗資料館

製作年代(天正十年(1582)五月二十六日の銘)が明らかで、日本国内のキリシタン墓碑の中で2番目に古いものです。




 令和元年度市指定の文化財は、考古資料1件です。(令和2年2月28日指定)
【考古資料】 中田遺跡刑部土坑出土土器群(なかたいせきおさかべどこうしゅつどどきぐん) 1括
中田遺跡刑部土坑出土土器群


時代:古墳時代はじめ
員数:一括(土師器63点)
所在地:八尾市立歴史民俗資料館

一括して出土した土器の種類や構成から、中河内が古墳時代の社会で果たした役割を考える上で重要な考古資料です。


※解説等のくわしくは、【八尾市文化財情報システム】より検索してご覧いただけます。

お問い合わせ

八尾市教育総務部文化財課

電話: 072-924-8555

ファックス: 072-924-3995

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?