ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

八尾の指定文化財

[2022年3月14日]

ID:46868

八尾市の指定文化財

 八尾市には、国指定文化財(6件)国登録有形文化財(27件)、重要美術品(旧法)(2件)、府指定文化財(21件)、市指定文化財(67件)があります。


※指定文化財のくわしい内容については、【八尾市文化財情報システム】より検索してご覧いただけます。
市内の指定文化財の件数(令和3年3月現在)
種類 建造物 絵画 彫刻 工芸品 書跡
古文書等 考古資料 歴史資料
民俗文化財 無形民俗文化財 史跡 天然記念物 登録文化財 その他
国指定文化財 0 0 1 0
0
1 0
0
1 0 3
0 27
旧重要美術品2
府指定文化財 1
1 4 2 0
0 3
1
0 0 6 3 - -
市指定文化財 11 18
11
3 1
7 10
1
0 1 4 0 - -
合計
12
19 16 5
1
8 13 2
1 1 13 3 27 2
「由義寺跡」が、平成30年2月13日に国史跡に指定されました。
詳しくは、こちら→「由義寺・道鏡関連情報」(別ウインドウで開く)


 令和3年度市指定の文化財は、彫刻1件です。(令和4年3月1日指定)
【彫刻】木造 弥勒菩薩坐像(もくぞう みろくぼさつざぞう) 1躯 (教興寺本尊)
木造 弥勒菩薩坐像


時代:江戸時代中期
員数:1躯
所在地:八尾市教興寺7丁目21

教興寺の本尊として元禄9年(1696)に制作された弥勒菩薩坐像で、京都の仏師・初代北川運長の代表作です。


※解説等のくわしくは、下記の添付ファイル及び【八尾市文化財情報システム】より検索してご覧いただけます。

木造弥勒菩薩坐像について

Adobe Acrobat Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Acrobat Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Acrobat Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ

八尾市魅力創造部観光・文化財課

電話: 072-924-8555

ファックス: 072-924-3995

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?