ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

11月10日~16日は「アルコール関連問題啓発週間」です

[2019年11月8日]

ID:48710

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

11月10日~16日は「アルコール関連問題啓発週間」です

 お酒は私たちの生活に豊かさと潤いを与えるものである一方、不適切な飲酒はアルコール健康障害の原因となります。さらに、アルコール健康障害は、本人の健康の問題であるのみならず、飲酒運転、暴力、虐待、自殺などの様々な問題にも密接に関連します。

 大量のお酒を長期にわたって飲み続けた結果、お酒が無いといられなくなる状態が、アルコール依存症です。アルコールの影響は、精神面や身体面にも表れ、仕事ができなくなる等の生活面にも支障が出てきます。またアルコールが抜けると、イライラや神経過敏、不眠、頭痛・吐き気、下痢、手の震え、発汗、頻脈・動悸等といった離脱症状が出てくるので、それを抑えるためまた飲んでしまうといったことが起こります。

依存症についてもっと知りたい方はこちら!(別ウインドウで開く)


アルコール関連問題啓発週間とは

 平成26年6月に施行されたアルコール健康障害対策基本法では、11月10日から16日までを「アルコール関連問題啓発週間」と定められており、国民の間に広くアルコール関連問題に関する関心と理解を深めることを目的としています。

FMちゃおでアルコールに関する放送を行います

 アルコール関連問題に関する取り組みとして、FMちゃおにてアルコールに関する放送を行います。
年末は飲酒の機会が増える時期でもありますので、今一度アルコールについて考えて飲みすぎてしまわないためにも
ぜひ放送をお聞きください。

 ●日にち:令和元年12月6日(金)

 ●時 間:12時・19時・23時


相談機関

ひとりで抱え込まず、どうぞお気軽にご相談ください。
ご本人だけでなく、ご家族からのご相談も承っています。

八尾市保健所 保健予防課<精神保健福祉相談(こころの健康相談)>(別ウインドウで開く)

お問い合わせ

八尾市健康まちづくり部保健予防課(保健所)

電話: 072-994-6644

ファックス: 072-922-4965

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?