ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

調理員の食育レポート

[2009年3月24日]

ID:49121

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

今週の食育

離乳食のお話


(6月29日 更新)



6月から再開されたこども園での生活。

最初は慣れない環境や、保護者の方と離れる寂しさから

みんなそわそわ、バタバタとしていましたが

だんだんと環境にも慣れ、新しいお友だちとも仲良くなり

落ち着いて生活できる様になってきました。

まだまだ事態が収束したわけではなく

安心できる状況とは言えないですが

少しずつ、食育活動も始めていき

子どもたちに食べ物への興味や

食べることの大切さ

楽しさなどを教えていけたらと思っています。



さて!!

こども園の調理室では、生後5か月頃~最大1歳半の子どもへ向けて

離乳食を提供しています。

食べ始めたばかりの子どもから

もうすぐ普通食になる子どもまで対応できるように

初期 → 中期 → 後期 と

大きさや味の違う3種類を作っています。

その一例がこちらです!!


・おかゆ
・ちりめん煮
・サイコロ煮

・おかゆ
・魚のほぐし煮
・おろし煮

・おかゆ
・豆腐と野菜煮
・カボチャスープ

・グリーンパン粥
・呉汁

・煮込みうどん
・魚のホイル焼き





※写真は主に【中期】の離乳食を撮影しています。


離乳食についてよく悩んでしまうのが

「どれくらい食べさせればいいの?」

「どのくらいの大きさや味がいいの?」

ではないでしょうか?

「どれくらい食べさせればいいの?」

については、基本的には欲しがるだけあげても大丈夫です!

「どのくらいの大きさや味がいいの?」

については、画像を用意してみました!!



こちらは【初期(5~6か月頃)】です。

初期の目安は

・かたさ:ヨーグルト状。
・大きさ:すりつぶした状態。
・味付け:なし。昆布だしは使用可。

です。まずは素材の味を大切にして、始めていきましょう!






こちらは【中期(7~8か月頃)】です。

中期の目安は

・かたさ:豆腐くらい。(下と上あごでつぶせるかたさ)
・大きさ:みじん切りや粗みじん切り。少し形を残す程度。
・味付け:色付け、風味付け程度に砂糖や醤油を使用。昆布だし、かつおだしを使用。

少しずつ咀嚼ができる様になってくるので

様子を見ながら大きくしていきましょう。

成長の早い子どもだと、このくらいから好き嫌いも始まってきたり・・・します・・・




こちらは【後期(9か月頃~)】です。

後期の目安は

・かたさ:バナナくらい。(歯ぐきでつぶせるかたさ)
・大きさ:5~8ミリほど。
・味付け:大人よりもうす味程度。

人参やじゃがいもをスティック状にして持たせてあげると

つかみ食べができ、自分で食べる練習や、スプーン等の練習にもなります!

また、後期からは【おやつ】も始まります!

・スティックポテト

・ふラスク

・ブラマンジェ

・かたくり粉のきな粉かけ





ご家庭でも時間に余裕があれば

じゃがいもを揚げる

さつまいもを甘めに煮る など

簡単なものから

ぜひ作ってみてください♪

また、今回ご紹介したものはあくまで目安です。

子どもの食べている様子を見ながら

成長や発達に応じて

無理のないペースでゆっくりと

すすめていきましょう!!




ネットで見られる食育情報!!

『食育だより』・・・調理員が毎月、食育情報を発信しています!

『献立レシピ』・・・人気の献立メニューをご自宅でもどうぞ!


おうちで簡単!!クッキー作り!!


お久しぶりです!

南山本せせらぎこども園の調理室です!

なかなかみんなと会えない日が続いていますが、元気でしょうか?

こども園は保育教諭も、調理員も元気ですよー!!

またみんなと会える日を楽しみにしながら

登園している子どもたちにごはんを作ったり・・・



掃除をしたり・・・



おやつを作ったり・・・



ひたすら掃除をしたり・・・



ただひたすらに・・・



掃除をしたり・・・



あとは・・・



掃除をしたり・・・






と、いうような具合です!!笑








さて、家にいる時間も多くなり

保護者の方も子どもといろんなことをされていると思います。

その中でも料理やお菓子作りは、親子で楽しめますよね♪

しか~し!!!!

料理が苦手な方は作るのが億劫だったり

作るのは楽しいけど

洗い物が面倒くさかったりしませんか??

わたしはそうです!!笑

なので今回はとても簡単で洗い物も少ない

おいしいクッキーのレシピをご紹介します!!




【用意するもの】約2~30枚分


・小麦粉       120g
・砂糖     大さじ2杯半
・ココアパウダー 小さじ2杯
・マーガリン      60g
・ビニール袋      1枚


(1)まずはすべての材料をビニール袋に入れ

ひとかたまりになるまでしっかりと揉み揉みします。


こんな感じで粉だけの部分がなく

全体がまとまるまで揉みましょう!


(2)ビニール袋の上から指や手のひらを使って

記事を平らに伸ばしてください。

厚さは5ミリくらいです。


(3)ビニール袋の真ん中辺りからハサミを入れて

観音開きにします。

こうすることでビニール袋の上から型抜きができ

まな板等の洗い物が出ません♪


(4)オーブン用の天板にクッキングシートを敷き

好きなかたちで型抜きしたクッキーを並べます。

あっ!!

型抜きをしている間にオーブンを予熱しておきましょう!

温度は170℃です!

そして型抜きが終わったら

予熱したオーブンで15分ほど焼きます。


(5)お皿に盛り付けたら完成です☆★☆

これ、本当に簡単にできてとても楽しいですよ!!

ぜひご家庭でも試してくださいね♪


ネットで見られる食育情報!!

『食育だより』・・・調理員が毎月、食育情報を発信しています!

『献立レシピ』・・・人気の献立メニューをご自宅でもどうぞ!

5歳児 1年間の食育記録



この1年間、5歳児クラスのみんなとは、本当にたくさんの食育活動を行いました!

春から始めたピーラーでの野菜の皮剥き。

最初は見ている方がドキドキするくらいだったのですが、

みるみるうちに上達していき、大根だってとても上手に剥けるようになりました!



お泊まり保育では、型抜きにも挑戦しました!



同じく春から始めた味見当番。

毎年、始める前には砂糖、塩、酢、醤油の調味料を

みんなで味見し、それぞれの味の違いを知ってから始めています。



昆布や削り節など
お出汁の話も一緒にします!



最初は「おいしかった」などのシンプルな感想でしたが、

こちらも回数を重ねていくうちに

「野菜がシャキシャキしていた」「お酢の味がすっぱかった」など

いろいろな感想を言えるようになりました!



園内放送での
感想の発表もばっちり☆



野菜の皮剥きなどは、どの学年よりも早くきれいでした!




ランチルームの食事などで栄養士の話を聞く際は

最後までしっかり聞くことができ、

感想や質問も上手にできました!





おやつのおにぎりやサンドイッチも、みんなで楽しく作りました!




子どもたちならではの視点でいろいろな発見や気づきに

いつも驚いたり、思わず笑ってしまったり、

わたしたち調理員も本当に楽しい1年を過ごすことができました。



 



自分が5歳だった頃を思い返した時に、覚えている思い出などがあまり多くなく、

子どもたちがこれから食育活動を行ったことをどれくらい覚えていてくれているかは分かりません。

でも、なんとなーく覚えていてくれたり、

みんなで一緒にごはんやおやつを食べたという思い出は、

とてもかけがえのない財産になると思っています。



みんなのからだは、みんなのたべたものでできています。

家族や友だちと過ごす楽しく豊かな食事は

きっとみんなを楽しく豊かな人に育ててくれます。

これからもたくさんのごはんやおやつを楽しく食べて

苦手なものもちょっとだけ頑張って

いつまでも楽しく元気で過ごしてください。

1年間、本当にありがとうございました!




ネットで見られる食育情報!!

『食育だより』・・・調理員が毎月、食育情報を発信しています!

『献立レシピ』・・・人気の献立メニューをご自宅でもどうぞ!

お問い合わせ

八尾市こども未来部南山本せせらぎこども園

電話: 072-998-9431

ファックス: 072-923-6606

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?