ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

新型コロナウイルス感染症に伴う学校園の対応について(令和2年11月18日時点)

[2020年11月19日]

ID:50605

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

新型コロナウイルス感染症に伴う学校園の対応について

【8月17日追加】 八尾市教育長メッセージについて

・八尾市教育長からのメッセージはこちら


【7月14日追加】 学校再開後のよくあるご質問 Q&Aについて

・学校再開後のよくあるご質問について、Q&A形式でまとめました。
※主な項目(子どもが登校する前に気を付けること、風邪の症状がみられる時、マスクの着用、運動会・体育大会の中止、清掃活動等)

学校再開後のよくあるご質問 Q&A


 

学びの回復について(授業時数の確保)

学校再開後は、子どもたちの安全、安心を守りつつ、長期の臨時休校に伴う履修の遅れを回復し、配慮が必要な児童生徒には個別の指導支援も行いつつ、学びの保障を進めてまいります。
なお、第2波、第3波の感染症の流行や冬場のインフルエンザの流行による新たな臨時休校を実施することのリスクも考慮して、夏季休業期間の短縮、1日当たりの授業コマ数の増加、短時間授業の実施など、教育課程を工夫・編成していくこととしています。

このたび、教育委員会で、学校再開後の授業時数の確保についてのモデル例と校時表の例を作成しました。
(各学校において、モデル例を参考にして教育課程を編成することとしています。)

〇授業時数の確保についてのモデル例について
 小学校のモデル例はこちら
 中学校のモデル例はこちら

〇校時表の例について
 小学校の例はこちら
 中学校の例はこちら

夏季休業期間の短縮について

・新型コロナウイルス感染拡大防止による臨時休業のために実施できなかった授業時数を確保するため、令和2年度本市立学校の夏季休業日を下記のとおり短縮することとします。

令和2年度 夏季休業日
 8月8日(土)~8月16日(日)(9日間)

令和2年度 1学期の終業日
 
8月7日(金)

令和2年度 2学期の始業日
 
8月17日(月)


※ 市立幼稚園の夏季休業日 7月21日(火)~8月31日(月) 42日間
  (1学期終業日 7月20日(月) 、2学期始業日 9月1日(火))
   ※別途、夏季休業期間中に登園日を設けます。詳細は各園よりお知らせがあります。


学校給食について

これまで夏休み期間だった7月21日(火)~8月31日(月)についても、給食を提供します。
 (8月11日(火)~8月14日(金)を除く)


【11月18日更新】出席停止及び臨時休業等の対応等について

【COVID19】園児児童生徒の出席停止及び臨時休業等の対応について(令和2年11月18日改訂)

市立学校園における教育活動の再開等について(学校園向け通知)(令和2年5月22日)(令和2年5月27日改訂)

学校園における新型コロナウイルス感染症対策マニュアル(令和2年5月28日 大阪府教育庁) 

学校園における新型コロナウイルス感染症対策マニュアル増補版(令和2年8月21日 大阪府教育庁) 

※各学校へはこちら、幼稚園へはこちらをクリックしてください。


マスクの着用について

学校生活においては、登下校を含め、常時マスクの着用をするようお願いします。

ただし、次の場合は、マスクを着用する必要はありません。
〇熱中症のリスクが高いとき。(気温、湿度が高いとき)
〇体育の授業のとき。
※身体的距離の確保(2m)や近距離での会話を控えるなどの配慮をします。

健康観察について

これまで同様、毎日の検温をもとに、お子様の健康状態の把握をお願いいたします。また、登校に際しては、マスクの着用をお願いいたします。
風邪の症状がみられる時や体調のすぐれない時は、無理な登校をお控えください。また、登校について感染への不安のため、登校を控えられても欠席扱いとはなりませんので、学校にその旨、ご連絡をお願いいたします。
なお、感染防止の観点から、お子様やご家族が(1)~(3)の状況になった場合は、速やかに学校にご連絡ください。

(1) 新型コロナウイルス感染症に感染された場合
(2) PCR検査を受けられた場合
(3) 濃厚接触者に位置付けられた場合



市立学校園の水泳授業の中止について

児童生徒の密接密集の場面を避けることが困難であること、各健康診断の実施が例年より遅れていることも考慮し、令和2年度の学校の水泳授業については中止とし、市立幼稚園においても、同様の取扱いとします。


子どもの心のケア相談窓口について

学校再開後も、児童生徒の皆さんの心の状態についてアンケート調査等を実施して把握を行い、心のケアに取り組みます。
〇さまざまな相談も引き続き実施し、児童生徒の皆さんの心のケアに取り組みます。ぜひ、ご活用ください。

(1) 学校での相談
  担任だけではなく、学年の先生、保健室の先生や部活動の顧問の先生など、どの先生でも相談を受け付けています。

(2) スクールカウンセラー(臨床心理士)への相談
  相談の希望があれば、それぞれの中学校区に週1回、スクールカウンセラーが配置されていますので、学校に連絡してください。

(3) 八尾市教育委員会における相談
  自宅で過ごしていて、気になることやいじめに関する相談がある場合は、解決に向けて対応します。お電話してください。
 ・人権教育課
    072-924-9854(月~金 8:45~17:15)
 ・八尾市教育センター
  072-941-3365(月~金 8:45~17:15)
 ・指導課 
  072-924-3873(月~金 8:45~17:15)

(4) いじめ相談ダイヤル
 ・八尾市いじめからこどもを守る課
  072-924-3796(平日 8:45~17:15)
 ・24時間子供SOSダイヤル(文部科学省)
  0120-0-78310(ナヤミイオウ)(24時間)
 ・子ども専用子どもの悩み相談(大阪府)
  0120-728-525(ナニワッコ ニッコリ)(24時間)
 ・子どもの人権110番(法務局)
  0120-007-110(月~金 8:30~17:15)
 ・チャイルドライン(チャイルドライン支援センター)
  0120-99-7777(月~土 16:00~21:00)
 ・大阪府グリーンライン(大阪府(青少年相談窓口))
  06-6944-7867(なやむな)(月~金 9:00~17:45)

学校体育施設の開放について

学校体育施設の開放について、運動場は令和2年6月15日(月)より開放します。なお、体育館の施設開放は8月末日まで中止となります。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?