ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

新型コロナウイルス感染症に関連する人権の配慮について

[2020年9月15日]

ID:50770

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

新型コロナウイルス感染症に関連する人権の配慮について

新型コロナウイルスの感染が拡大する中、感染された方やその家族、外国から帰国された方や外国人の方、感染者の治療にあたっている医療従事者やその家族などに対する心無い書き込みや誹謗中傷がSNS等で広がっています。

このような方たちに対する不当な差別、偏見、いじめは決して許されるものではありません。

不確かな情報に惑わされて人権侵害につながることのないように、新型コロナウイルス感染症に関する正確な情報に基づいて冷静な行動をとっていただきますようお願いします。

人権に関する相談窓口

新型コロナウイルス感染症に関連する不当な差別やいじめのほか、さまざまな人権問題についての相談を受付けています。

【人権相談全般】
・人権政策課 (電話番号:072-924-9863)

・大阪府人権相談窓口 (電話番号:06-6581-8634)

・国(法務局)人権相談窓口 「みんなの人権110番」 (電話番号:0570-003-110)

【学校におけるいじめに関する相談】
・いじめ相談専用ダイヤル (電話番号:072-924-3796)

・人権教育課 (電話番号:072-924-9854)

【DVに関する相談】
・やおDV相談専用ダイヤル (電話番号:072-924-6550)

【外国人市民のための相談】
・外国人相談窓口 (電話番号:072-924-3337)

新型コロナウイルス関連情報

八尾市における新型コロナウイルス関連情報はこちら(別ウインドウで開く)をご覧ください。

「新型コロナウイルス感染症に関連した法務大臣メッセージ」

新型コロナウイルス感染症に関連して,感染者・濃厚接触者,医療従事者等に対する誤解や偏見に基づく差別は決してあってはなりません。

法務大臣メッセージは,YouTube法務省チャンネル(別ウインドウで開く)をご覧ください。

法務省の人権擁護機関では,新型コロナウイルス感染症に関連する不当な差別,偏見,いじめ等の被害に遭った方からの人権相談を受け付けています。困った時は,一人で悩まず,私たちに相談してください。

法務省のホームページはこちら(別ウインドウで開く)をご覧ください。

法務省の人権擁護機関相談先

お問い合わせ

八尾市人権文化ふれあい部人権政策課

電話: 072-924-9863

ファックス: 072-924-0175

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?