ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

新型コロナウイルスへの対応に伴う共同生活援助、施設入所支援の取扱いについて

[2020年4月16日]

ID:50846

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

新型コロナウイルスへの対応に伴う共同生活援助、施設入所支援の取扱いについて

 このたび、厚生労働省社会・援護局障害保健福祉部障害福祉課 令和2年4月9日事務連絡「新型コロナウイルス感染症に係る障害福祉サービス等事業所の人員基準等の臨時的な取扱いについて(第4報)」が発出されました。
 今回の通知により、通所サービスの在宅での支援に加え、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の必要性、重要性に鑑み、グループホーム、障害者支援施設及び障害児入所施設の利用者が、感染防止の観点から自宅に戻って生活する場合において、グループホーム、障害者支援施設及び障害児入所施設の職員が訪問や電話等によるできる限りの支援の提供を行ったと市町村が認める場合には、通常提供しているサービスと同等のサービスを提供しているものとして、報酬の対象として差し支えないという旨が追加されました。

 なお、今回の新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、利用者の家族の希望等により自宅において生活する場合のほか、事業者が自宅で受け入れが可能な利用者に自宅での生活をお願いする場合も考えられますが、当該事業者が、
・利用者や家族の方に丁寧に説明を行いその理解を得るとともに、
・家族の支援等により自宅での受入れが可能であることを確認する
必要があることに留意してください。
 
 本市において、在宅でのサービス提供を行う際は、その対象者について届出書及び報告書の提出をお願いいたします。

新型コロナウイルスへの対応に伴う共同生活援助、施設入所支援における在宅利用に係る届出書

新型コロナウイルスへの対応に伴う共同生活援助、施設入所支援における在宅利用に係る報告書


 報告書には、利用者個々の状況に応じた支援の内容を具体的に記載するようにしてください。また、利用者のニーズに可能な範囲で対応するようお願いします。
(具体的なサービス内容の例)
・自宅で問題が生じていないかどうかの確認
・利用者の健康管理
・普段の通所ではできない、利用者(家族)との個別のやりとりの実施
・今般の状況が落ち着いた後、スムーズに通所を再開できるようなサポート 等
 

 厚生労働省のホームページでは、障害福祉サービス等事業所における新型コロナウイルス感染症への対応等について、随時情報が更新されておりますので、ご確認いただき、情報収集に努めていただきますようお願いします。
【厚生労働省ホームページ】
障害福祉サービス等事業所における新型コロナウイルス感染症への対応等について(別ウインドウで開く)

お問い合わせ

八尾市地域福祉部障がい福祉課

電話: 072-924-3838

ファックス: 072-922-4900

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?