ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

~配偶者等からの暴力を理由に避難している方へ~ 特別定額給付金に関するお知らせ

[2020年5月26日]

ID:51062

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

配偶者等からの暴力を理由に避難している方へ

特別定額給付金の交付にあたり、配偶者等からの暴力を理由に避難している方で、事情により令和2年4月27日以前に今お住まいの市区町村に住民票を移すことができない方は、手続きをしていただくことにより、以下の措置を受けることができます。

(1)世帯主でなくとも、同伴者の分を含めて、特別定額給付金の申請を行い、給付金を受け取ることができます。
(2)手続きを行った方とその同伴者分の特別定額給付金は、世帯主(配偶者など)からの申請があっても支給しません。

対象となる配偶者等からの暴力を理由に避難している方の要件

次の(1)~(3)のいずれかに該当する方

(1)配偶者暴力防止法に基づく保護命令が出されていること
(2)婦人相談所による「配偶者からの暴力の被害者の保護に関する証明書」又は、市区町村、民間支援団体等による「確認書」が発行されていること
(3)令和2年4月28日以降に住民票が今お住まいの市区町村に移され、住民基本台帳の閲覧制限等の「支援措置」の対象となっていること

受付方法

八尾市役所本館3階人権政策課へ「申出書」を郵送または持参にて提出してください。
郵送の場合は内容等の確認が必要となることもあるため、必ず日中に連絡のとれる連絡先の電話番号を記入してください。
※「申出書」は、配偶者等からの暴力を理由に避難していることを申し出るものです。
※「申出書」は下記からダウンロードできます。
 ダウンロードできない方は、八尾市役所本館3階人権政策課にも設置しております。

【郵送先】
〒581-0003
八尾市本町1丁目1-1
八尾市役所人権文化ふれあい部人権政策課

受付期間

令和2年4月24日(金)~4月30日(木)
※事前申出期間を過ぎても申出書を提出することができます。申出書の提出について早急にご相談ください。

受付時間(持参・問合せによる場合)

平日の午前8時45分から午後5時15分

必要書類

「申出書」には、配偶者等からの暴力を理由に避難していることが確認できる書類として、婦人相談所等が発行する証明書や、市町村、福祉事務所、民間支援団体等が発行する確認書、保護命令決定書の謄本又は正本が必要です。
これらの証明書がない場合でも申出できる場合がありますので、お問合せください。

なお、手続きに際しては、運転免許証やマイナンバーカード、国民健康保険証等の本人及び居住地の特定が可能な確認書類の提示(郵送の場合は、写しの添付)が必要です。


※特別定額給付金の申請手続きは、申出手続きとは別に、後日送付される申請書により手続きを行う必要があります。


お問合せ先

八尾市人権文化ふれあい部人権政策課
電話:072-924-9863


総務省ホームページ(別ウインドウで開く)

関連資料

Adobe Acrobat Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Acrobat Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Acrobat Reader をダウンロード(無償)してください。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?