ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

飛沫防止用シート等を設置の際はご注意ください

[2020年6月5日]

ID:52487

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

飛沫防止用シート等の設置にあたって

 事業所や各店舗などで新型コロナウイルス感染症拡大対策として、ビニル製やナイロン製シートやアクリル板が多く設置されています。
 これにより建物内部が通常時と異なる状態となることから、シート等の付近での火気の取扱いについて次の事項にご注意ください。

シート等の付近においては火気の取り扱いに注意して下さい

 シート等の材質によっては、着火・燃焼しやすいものがありますので、火気を取り扱う器具、設備や電灯等の高温となるものの付近には設置しないようにしてください。

付近に設置されている消防用設備等に注意して下さい

 自動火災報知設備の感知器やスプリンクラー設備のヘッド(写真参照)の付近に設置する際は、火災が発生した際に感知器が有効に感知しない場合や散水の障害となる可能性がありますのでご注意ください。

(写真1 感知器)

(写真2 スプリンクラーヘッド)

避難の支障となっていないか確認してください

 出入口付近や通路にシート等を設置する際は、火災の発生時に避難の支障となっていないかご注意ください。




飛沫防止用シート等に関する火災予防上の相談につきましては、消防本部予防課までお問い合せ下さい。

お問い合わせ

八尾市消防本部予防課

電話: 072-992-2275

ファックス: 072-992-7722

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?