ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

新型コロナウイルス感染拡大の危機について

[2020年7月22日]

ID:53282

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

市民のみなさまへ

市民のみなさまへ、新型コロナウイルス感染拡大の危機を訴えます。

今月(7月)に入り、本市の新型コロナウイルス感染症の患者が急増しており、7月2日以降7月21日までの20日間で、31名の患者が発生し、若年者の軽症のみならず、高齢者の重症、急変事例が出始めています。

八尾市で最初の患者が発生した3月8日以降の20日間で発生した患者の8名と比較しますと、7月に入り、同じ日数で発生した患者が31名と危機的な速さで増加しています。

7月2日~7月21日に八尾市保健所管内で把握した症例の感染経路

特に7月以降の患者の感染動向として、感染経路不明の患者が最も多く、接待を伴う飲食店での感染よりも、家族内での感染のほか、仲間内での会食や長時間のドライブなど、若い方が長時間にわたり、いわゆる「3密」場面で、長時間の接触により、感染している例が多数みられております。

また、感染経路不明の患者の中には、高齢者や基礎疾患のある方が出てきており、重症化や急変のリスクが高いため、非常に懸念しています。

市民のみなさまには、今一度、
 「マスクを外して大声でしゃべる場面など、“3密で唾液が飛び交う環境”を避けていただく」
 「高齢者や基礎疾患のある方は感染リスクの高い環境を避けていただく」
 「市民お一人おひとりが、日常生活の中で「新しい生活様式」を心がけていただく」
ことで、新型コロナウイルス感染症をはじめとする各種の感染症の拡大を防ぐことができ、

ご自身のみならず、大事な家族や友人、隣人の命を守ることにつながります

これ以上の感染拡大を防ぐため、市民のみなさまのご理解とご協力、強い危機意識を持って生活していただきますよう、切にお願い申し上げます。

                                              八尾市保健所長 髙山 佳洋

お問い合わせ

八尾市健康まちづくり部保健企画課(保健所)

電話: 072-994-0661

ファックス: 072-922-4965

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?