ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

新型コロナウイルス感染拡大防止に向けて

[2020年12月4日]

ID:54660

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

大阪府医療非常事態宣言における本市の対応について

大阪府医療非常事態宣言における本市の対応については、こちらをご覧ください。

大阪モデルのレッドステージ(非常事態)の対応方針に基づく要請

大阪府は、新型コロナウイルスの感染拡大していることから、令和2年12月15日まで「レッドステージ(非常事態)の対応方針に基づく要請」を行っています。
大阪府のホームページはこちら(別ウインドウで開く) 

市民の皆さまへ(大阪府の要請内容)

  • できる限り、不要不急の外出を自粛する
  • 「5人以上(※1)」「2時間以上」の宴会・飲み会は控える。
  ※1 家族や乳幼児・子ども、高齢者・障がい者の介助者などはこの限りではない
  • GoToEatキャンペーン事業で付与されたポイントまたは既発行の食事券、大阪府の少人数利用・飲食店応援キャンペーン事業で付与されたポイントを利用した飲食を控える。
  • 重症化リスクの高い方(高齢者、基礎疾患(※2)のある方など)は、不要不急の外出(※3)を控える。
  ※2 糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)、透析患者、免疫抑制剤や抗がん剤などを用いている患者
  ※3 医療機関への通院、食料・衣料品・生活必需品の買い出し、必要な職場への出勤、屋外での運動や散歩など、生活の維持に必要な場合を除く
  • 高齢者の方、高齢者と日常的に接する家族、高齢者施設・医療機関などの職員は、感染リスクの高い環境を避け、少しでも症状が有る場合、休暇を取得するとともに早めに検査を受診する。
  • 「静かに飲食」、「マスクの徹底」(飲食の際も会話時はマスクを着用)、「換気と保湿」
  • 業種別ガイドラインを遵守(感染防止宣言ステッカーの導入)していない、接待を伴う飲食店および酒類の提供を行う飲食店の利用を自粛する。
  • 3密で唾液が飛び交う環境を避ける。


感染リスクが高まる「5つの場面」

国は、これまでに発生したクラスターの分析から得られた知見から、感染リスクが高まる「5つの場面」を提示しています。市民のみなさまには、引き続き、感染リスクが高い行動を避けていただき、クラスター連鎖を抑えて、感染拡大防止にご協力をお願いします。

詳しくは画像をクリックしてください。

5つの場面

すべての場面で守っていただきたいこと

・基本はマスク着用や三密回避。室内では換気を良くして。
・集まりは、少人数・短時間にして。
・大声を出さず会話はできるだけ静かに。
・共用施設の清掃・消毒、手洗い・アルコール消毒の徹底を。

「新しい生活様式」のポスターをご活用ください!

長期間にわたって感染拡大を防ぐために、飛沫感染や接触感染、さらには近距離での会話への対策を、これまで以上に日常生活に定着させ、持続させなければなりません。それを「新しい生活様式」と呼ぶこととし、具体的な実践例は以下にある通りです。
新しい生活様式についての厚生労働省ウェブサイト(別ウインドウで開く)

八尾市では、「新しい生活様式」をわかりやすくお伝えするため、ポスターを作成しています。
印刷したものを掲示していただくなど、ご自由にご活用ください。
皆さまと大切な人の命を守るため、「新しい生活様式」を取り入れていただきますようよろしくお願いいたします。

新しい生活様式ポスター

Adobe Acrobat Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Acrobat Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Acrobat Reader をダウンロード(無償)してください。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?