ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

令和2年度秋季消防総合訓練を実施しました!!

[2020年11月13日]

ID:54670

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

林野火災を想定した消防総合訓練を実施

訓練概要

  1. 日時
    令和2年11月12日(木) 9時40分から10時30分まで
  2. 場所
    八尾市大字服部川 史跡高安千塚古墳群服部川支群周辺一帯
  3. 参加機関及び人員
    ⑴ 消防署  署長以下            52名
    ⑵ 消防団  高安分団             8名
    ⑶ 八尾市水道局                 4名
    ⑷ 大阪市消防局航空隊            2名
    ⑸ 大阪広域生コンクリート協同組合      2名
  4. 訓練想定
    ハイカー(登山者)による煙草の不始末により、立ち木等に燃え移り山林部に延焼拡大した。
  5. 訓練内容
    ⑴ 指令課員による災害監視用高所カメラを用いた災害点特定訓練、他機関との調整訓練
    ⑵ 水道局と大阪広域生コンクリート協同組合によるミキサー車への補水訓練
    ⑶ 消防隊による林野火災用資機材を使用しての消火訓練
    ⑷ 消防団による消防署と連携してのホース延長及び放水訓練
    ⑸ 大阪市消防局消防ヘリコプターによる被害状況把握訓練
    ⑹ 大阪広域生コンクリート協同組合(ミキサー車)による補水訓練
    ⑺ ドローンを活用した上空からの情報収集、監視操作訓練

    訓練実施状況

     秋季全国火災予防運動行事の一環として、林野火災を想定し、令和2年秋季消防総合訓練を実施いたしました。
    いざ発生すれば、広範囲かつ長時間の活動が懸念される林野火災に対し、消防団及び関係機関との緊密な連携を保ちながら、迅速かつ的確な消火活動等を実施できるよう放水訓練ならびに大阪市消防局航空隊の消防ヘリによる上空からの情報収集等の総合的な訓練を実施いたしました。
     本市は令和2年8月24日に、大阪広域生コンクリート協同組合と「災害発生時における水利確保の協力に関する協定」を締結しました。山間部においては、消火に必要な水利の確保が非常に困難なことから、今回の訓練に大阪広域生コンクリート協同組合のミキサー車から給水の協力を得て、合同で訓練を実施、災害時での迅速対応に向けた連携強化を図りました。

    指令課員による高所カメラを用いた災害点特定訓練、他機関との調整訓練

    119番受信状況
    高所カメラ映像

    本部席の状況

    水道局と大阪広域生コンクリート協同組合によるミキサー車への補水訓練

    補水状況
    補水状況2

    消防隊による林野火災用資機材を使用しての消火訓練

    消防団による消防署と連携してのホース延長及び放水訓練

    資機材搬送
    放水準備
    可搬ポンプによる放水
    背負い式水嚢による消火活動

    大阪市消防局消防ヘリコプターによる被害状況把握訓練

    大阪広域生コンクリート協同組合(ミキサー車)による補水訓練

    ドローンを活用した上空からの情報収集、監視操作訓練

    消防署長講評

    お問い合わせ

    八尾市消防本部消防署

    電話: 072-992-0119

    ファックス: 072-992-2281

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム

    ご意見をお聞かせください

    • このページは役に立ちましたか?

    • このページは見つけやすかったですか?