ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

八尾市雇用促進・定着支援金について

[2021年10月13日]

ID:56907

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

八尾市雇用促進・定着支援金について

八尾市雇用促進・定着支援金とは

 新型コロナウイルス感染症の影響等により雇用失業情勢に厳しさがみられる中、市民の雇用機会の拡大と定着促進及び地元での雇用促進を図るため、求職者を雇い入れ、一定期間雇用した事業主(法人及び個人事業主等)に対し、予算の範囲内において八尾市雇用促進・定着支援金を支給します。

八尾市雇用促進・定着支援金 広報チラシ

八尾市雇用促進・定着支援金支給要綱

支援金の対象となる事業主の要件について


次のすべてに該当すること

 ⑴ 本市の区域内に事業所を有すること。

 ⑵ 対象労働者を次のいずれにも該当する条件等で雇い入れること。

  ア 八尾市無料職業紹介所又は公共職業安定所の職業紹介を通じて対象労働者を雇い入れること。

      ※ 求人票の提出だけでは対象となりません。

  イ 令和3年4月1日から同年12月31日までの間に雇い入れを行うこと。

     ※雇い入れ期間を延長しました。

  ウ 雇用期間の定めがないこと。もしくは定めがある場合は原則的に更新されることが明確にされていること。

  エ 1週間の所定労働時間が20時間以上であること。

  オ 主たる勤務地が本市の区域内であること。

  カ 対象労働者が雇用保険の一般被保険者又は高年齢被保険者であること。

  キ 労働関係法令等を遵守した雇用条件により雇い入れ、かつ、社会保険等に適切に加入させていること。

 ⑶ 雇入日から3カ月継続して雇用し、かつ支給申請を行う日までの間、継続して雇用していること。但し、雇入日から支給申請を行う日までの歴日数が3カ月に満たない場合は、雇入日から支給申請を行う日までの間、継続して雇用していること。


次のいずれかに該当する場合は対象となりません

 ⑴ 市税の滞納がある者又は必要な申告を行っていないこと。

 ⑵ 国、地方公共団体、宗教上の組織または団体、政党その他の政治団体。

 ⑶ 国、地方公共団体が出資による権利を有していること。

 ⑷ 暴力団等反社会的勢力の構成員又は当該構成員と関係を有すること。

 ⑸ 風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(昭和23年法律第122号)第2条に規定する

     風俗営業又はこれに類似する業種を営む者のうち、対象労働者を接待業務等に従事させる者。

 ⑹ 法令に違反したことにより、支援金を支給することが適当でないと市長が認める者。

 ⑺ 対象労働者との雇用契約締結日より過去1年の間に、当該対象労働者を雇用していた者と、資本的、

     経済的等の関連性からみて密接な関係にある者。

 ⑻ 対象労働者との雇用契約締結日より過去1年の間に、当該対象労働者を雇用していた者。

 ⑼ 対象労働者が、雇い入れ事業所の事業主又は取締役等の3親等以内の親族(配偶者又は3親等以内の

     血族若しくは姻族をいう。)であること。

 ⑽ 他の地方自治体における類似の制度による支援金(補助金、奨励金等名称を問わない)の支給を

     受けている者。

 ⑾ 前各号に掲げる者のほか、支援金を支給することが適当でないと市長が認める者。


対象労働者の要件

 支援金の支給を受けようとする事業主に新たに雇入れされた日から支援金の支給申請日までの期間において、継続して本市に居住し、住民基本台帳法(昭和42年法律第81号)の規定により記録されていること。


支給額

対象労働者を雇い入れた後、実際に支給された3カ月間の合計賃金の2分の1を支援金として支給します。
 ・正規雇用労働者の上限 40万円
 ・非正規雇用労働者の上限 20万円

但し、3カ月分の賃金の支給までに、申請期限(令和4年2月28日)が到来する場合は、それまでに支給された賃金の合計の2分の1を支給します。
                       2カ月の場合       1カ月の場合
 ・正規雇用労働者の上限      30万円          20万円
 ・非正規雇用労働者の上限    15万円          10万円

申請手続きについて

 雇入日から3カ月継続して雇用し、かつ支援金算定の対象となる賃金を支払った日の翌日から
令和4年2月28日までに八尾市魅力創造部労働支援課へ郵送(消印有効)又は持参して下さい。
 ※ 郵送する場合は「レターパックライト」を用いること。
 ※ 申請期限までに3カ月満たない場合も対象となります。


【申請に必要な書類】

 ⑴ 八尾市雇用促進・定着支援金支給申請書兼誓約書(様式第1-1号~1-3号)

   ※様式第1-2号(2カ月)・第1-3号(1カ月)は12月中旬以降にホームページへ掲載します。 

 ⑵ 法人登記履歴事項全部証明書又は賃貸契約書等の八尾市内に事業所を有することが確認できる書類

 ⑶ 公共職業安定所の紹介状(※八尾市無料職業紹介所を通じた紹介の場合は不要)

 ⑷ 労働条件通知書等の労働条件が確認できる書類

 ⑸ 出勤簿またはタイムカード(※雇い入れ後から支給申請日の前日分までの全て)

 ⑹ 賃金台帳(※雇い入れ後から支給申請日の直近の賃金支払い分までの全て)

 ⑺ 雇用保険被保険者資格取得等確認通知書(事業主控)

 ⑻ 運転免許証(表・裏)、マイナンバーカード、住民票等の対象労働者の住所が確認できる書類

 ⑼ 市税証明書(滞納のない証明書)

 ⑽ 振込先通帳(法人名義、個人事業主名義等)の写し等の振込先が確認できる書類

 ⑾ 前号に掲げるもののほか、支給要件を満たしているか確認するために必要な書類

 ⑿ 八尾市雇用促進・定着支援金 利用事業主アンケート


(様式第1-1号)八尾市雇用促進・定着支援金支給申請書兼誓約書 記入例

利用事業者アンケート

八尾市雇用促進・定着支援金FAQ

その他

⑴ 支援金の支給決定後、対象要件に該当しない事実や虚偽が発覚した時は、支援金の支給決定を
 取消します。当該支援金が既に支給されている場合は、定められた期日までに当該支援金を返還
 しなければなりません。

⑵ 当該支援金の支給要件を満たしていないことが判明した場合は、その旨を速やかに届け出る必要
 があります。

⑶ 当該支援金の支給事務の円滑・確実な実行を図るため、必要に応じて調査等を実施することがあります。

⑷ 予算の範囲内での支給となります。

お問い合わせ

八尾市 魅力創造部 労働支援課
電話: 072-920-4123 ファックス: 072-924-0180
E-mail: roudousien@city.yao.osaka.jp

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?