ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯以外の子育て世帯分)

[2022年5月26日]

ID:57815

低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯以外の子育て世帯分)について

 新型コロナウイルス感染症による影響が長期化する中で、食費等の物価高騰等に直面する低所得の子育て世帯に対し、その実情を踏まえた生活の支援を行う観点から、「低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯以外の子育て世帯分)」の支給を行うものです。

「低所得の子育て世帯支援特別給付金(ひとり親世帯分)」において受給済みのお子様の分を重複して受給することはできません。

支給対象者

平成16年4月2日生~令和5年2月28日生の児童(障がいのある児童は20歳未満)を監護する方で、下記(1)~(3)のいずれかに該当する方

(1)令和4年4月分の児童手当又は特別児童扶養手当を受給しており、令和4年度の住民税均等割が非課税の方【申請不要】

※ただし、(1)に該当する場合でも以下にあてはまる方は手続きが必要ですのでご連絡ください。
・令和4年度住民税(令和3年中所得)が未申告である方
・令和4年1月2日以降に八尾市に転入した方
・令和4年4月分の児童手当又は特別児童扶養手当の支給口座を解約している方
・公務員の方(児童手当の支給を所属先から受けられている方)

(2) (1)のほか、平成16年4月2日から平成19年4月1日生まれの児童のみを養育する方で、令和4年度の住民税均等割が非課税の方【要申請】

(3)新型コロナウイルス感染症の影響により令和4年1月1日以降の家計が急変し、令和4年度住民税均等割が非課税の方と同様の事情にあると認められる方(※家計急変者)【要申請】

【※家計急変の考え方】
令和4年1月以降の任意の1ヵ月の収入を12倍した金額が、下記の非課税相当収入限度額を下回っている人が該当します。ただし、新型コロナウイルス感染症とは全く関係のない理由で収入が減少し、非課税水準となった場合は対象とはなりません。

非課税相当収入額早見表
 世帯の人数(注1)
非課税相当収入限度額
月収相当額(注2)
 2人  (例)夫(婦)子1人156.0万円
13万円
 3人  (例)夫婦子1人205.7万円17.1万円
 4人  (例)夫婦子2人255.7万円
21.3万円
 5人  (例)夫婦子3人 305.7万円25.4万円
 6人  (例)夫婦子4人 355.7万円29.6万円

※申請者が申請時点で、障がい者、未成年者、寡婦、ひとり親の場合は、非課税収入限度額が204.3万円となります。
(注1)世帯人数は、以下の合計人数です。
    ・申請者本人
    ・同一生計配偶者(収入金額103万円以下の者)
    ・扶養親族(収入金額103万円以下の者。16歳未満の者も含む。)
(注2)月収相当額は総支給額です。(手取り額ではありません)

給付額

児童一人当たり一律5万円

支給手続き・支給時期

支給対象者(1)に該当する方【申請不要】

申請は不要です
対象となる方には、7月上旬をめどに案内を発送し、7月中旬頃に児童手当または特別児童扶養手当の受給口座へ振り込む予定です。(対象の方には、上記通知により振込日をお知らせします。)

※給付金の支給を希望しない場合は、『低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯以外分)受給拒否の届出書』をダウンロードし、郵送してください。

※令和4年4月分の児童手当又は特別児童扶養手当の支給口座を解約している方は、『低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯以外分)支給口座登録等の届出書』をダウンロードし、郵送してください。

低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯以外分)受給拒否の届出書

低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯以外分)支給口座登録等の届出書

支給対象者(2)(3)に該当する方【要申請】

申請が必要です。
7月1日(金)から申請受付を開始します(当面は郵送による受付)。申請内容を審査した後、順次指定口座に振り込む予定です。申請期限は令和5年2月28日(火)です(ただし、対象児童が令和5年2月14日から28日までに出生した場合等を除く)。
申請書一式の送付を希望される場合は、お電話もしくはこちらの申請フォーム(別ウインドウで開く)からお申込みください。

離婚やDV避難により配偶者と別居して子育てをするようになった場合

離婚やDV避難により配偶者と別居して子育てをするようになった場合、避難先で給付金を受け取れる場合があります。
配偶者に給付金が支給される前に手続きを行う必要がありますので、お早めにお問い合わせください。
詳しくは、以下のチラシをご覧ください。

離婚やDV避難により配偶者と別居して子育てをするようになった方へ


~新型コロナウイルス感染症対策のため、郵送による申請をお願いします!~

窓口来庁による新型コロナウイルス感染症拡大を防ぐため、当面の間、郵送での受付とさせていただきます。ご理解・ご協力の程よろしくお願いいたします。

※厚生労働省コールセンター【令和4年度低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金に係る電話相談窓口】
(今年度は、ひとり親世帯分及びその他低所得の子育て世帯分双方の窓口が一本化されております。)
Tel:0120-400-903
Fax:0120-300-466
【受付時間】
TEL:平日9:00-18:00
FAX:24時間(土日祝を含む)
厚生労働省ホームページ(別ウインドウで開く)もご参照ください。

お問合せ・申込先

〒581-0003 大阪府八尾市本町1丁目1-1
八尾市役所本館7階 こども若者部 こども若者政策課
低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金窓口
電話番号:072-923-2021

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?