ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

障がい福祉サービス事業所関係者の新型コロナウイルスワクチンの優先接種について

[2021年6月16日]

ID:58120

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

障がい福祉サービス事業所関係者の新型コロナウイルスワクチンの優先接種について

 本市では、新型コロナウイルス感染症に係るワクチン接種について、国の指示のもと、実施を進めているところです。
 このたび、障がい福祉サービス事業所関係者については、優先接種枠を設定することができるようになりましたので、お知らせします。

優先接種について

 クラスターの発生等を未然に防止するため、障がい福祉サービス事業所の従業員等を対象に、Ⓐ事業所等での接種、Ⓑ総合体育館「ウイング」における集団接種での新型コロナウイルスワクチンの優先接種を行います。
 つきましては、「障がい福祉サービス事業所用フローシート」(以下「フローシート」という。)、「市政だより」、「Q&A」をよくご確認いただき、以下の(1)~(4)のパターンをご選択くださいますようお願いいたします。

障がい福祉サービス事業所用フローシート等

Adobe Acrobat Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Acrobat Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Acrobat Reader をダウンロード(無償)してください。

優先接種に係るパターン

 次の(1)~(4)のパターンによって、必要な手続きが異なります。フローシートをよくご確認のうえ、準備を進めていただきますようお願いします。
(1)従業員のみを対象に、事業所等での接種を行う場合
(2)従業員及び利用者を対象に、事業所等での接種を行う場合
(3)集団接種での優先接種枠を希望する場合(従業員のみ対象)
(4)優先接種を希望しない場合

様式の提出について

・提出期限:令和3年6月30日(水) 厳守でお願いします。

・提出先:八尾市健康福祉部障がい福祉課

・提出方法:メールにてご提出ください。メールアドレス:syougai@city.yao.lg.jp

様式の提出にあたっての注意事項

・基準日:令和3年6月30日(水)時点
 6月30日前に退職された、または、7月1日以降に採用される従業員は、今回の優先接種の対象外です。
・事業所ごとにご提出をお願いします。
・様式は絶対に変更しないでください。
・(4)優先接種を希望しない場合については、接種にあたり、市に提出していただくものはありません。

接種における留意事項

・本市の集団接種会場では、「ファイザー社」製のワクチンを使用しています。「ファイザー社」製のワクチンは、1回目の接種から3週間後に2回目の接種が推奨されており、3週間後に同会場での接種が可能な方がご利用ください。
・当日にキャンセルされると接種者の調整が必要となりますので、可能な限りキャンセルのないようご協力ください。なお、接種ができない事象が生じた場合は、すみやかに障がい福祉課までご連絡ください。

その他

 市内にお住まいの方については、年齢などの区分に応じて接種券を段階的に発送するため、優先接種の実施にあたり、接種日に接種券がお手元に届いていない可能性がありますが、接種券がなくても接種は可能です。

 事業所等での接種の際、接種券が間に合わなかった場合は、後日、事業所にて接種券を回収し、予診票に貼り付けたうえで、接種医にご提出ください。集団接種会場での接種の場合は、事業所にて接種券を回収し、障がい福祉課にご提出ください。(予診票は集団接種会場にて回収されます。)

 また、利用者の集団接種の予約方法については、フローシート4ページに記載しておりますので、ご確認ください。

お問い合わせ

八尾市健康福祉部障がい福祉課

電話: 072-924-3838

ファックス: 072-922-4900

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?