ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

読書感想文の書き方のコツ「書き出し5行が読み手の心をつかむ」

[2021年7月15日]

ID:58688

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

続きが読みたくなる書き出しとは?

授業では、書き方のコツを生かして「読書感想文」を書いています。

「書き出しを工夫してみよう。」

「自分の心に強く感じたことやこれまでの経験を織り交ぜて書いてみよう。」

これらを意識して書いた読書感想文は、やはり今までとは一味違います。

以下の3人の児童のように続きが読んでみたくなる読書感想文をめざしたいですね。

高学年の課題図書「サンドイッチクラブ」を選んだ理由

自由図書「またまたさんせーい!」を読んで、6年生の児童が自分のことについて自信をもてないと不安を吐露する書き出し。一気に世界へ引き込まれますね。

課題図書「エカシの森と子馬のポンコ」の読書感想文。本を選んだ理由を自分の弟とのエピソードを織り交ぜ書き出しの表現が光る5年生の児童の作品。

お問い合わせ

八尾市 (小・中学校、義務教育学校)用和小学校

電話: 072-999-1891

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?