ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

新型コロナウイルス感染症にかかる就業制限通知書等について

[2021年9月29日]

ID:58912

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

新型コロナウイルス感染症にり患した場合、感染症法に基づき就業制限通知や入院勧告を実施しています。発行する通知書等の詳細や手続きについては下記の通りです。

※下記通知書が届くまで概ね3~10日(陽性者発生状況等により前後します)かかりますので、あらかじめご了承下さい。

※各通知書等は原則1部のみ発行となります。

※各通知書等を手続きでご利用になる場合、原本はご自身で大切に保管して頂き、各通知書等のコピーでの提出で問題がないかを提出先に確認して頂き、出来る限りコピーでご対応をお願い致します。

発行する通知書等について

入院勧告通知書及び意見を述べる機会の付与通知書

 入院した方にのみ発行しております。入院に関する事務連絡であり、別途対応が必要なものではありません。

就業制限通知書

 就業制限とは、感染症法第18条第1項及び第2項の規定により就業することで感染症を公衆にまん延させるおそれがあるため、そのおそれがなくなるまでの期間、就業を制限するもので、書面で通知します。
 
就業制限期間:医師からの届出を保健所が受付した日~保健所が療養解除をした日

※開始日は症状が出た日(発症日)ではありません。

就業制限解除通知書

 就業制限解除通知書を請求された方のみに発行しています。(就業制限解除確認請求書を就業制限通知書を送付する際に同封しております)
 

就業制限解除通知書に記載している内容

(1)就業制限期間
 開始日は医師からの届出を保健所が受付した日(診断日と異なる場合あり)となります。症状が出た日(発症日)ではありません。
 
 終了日は保健所が療養解除した日となります。入院している場合は、入院先の医師の判断によります。

 ※容体によっては療養解除日と退院日が異なる場合があります。

(2)療養種別(入院、宿泊又は自宅療養)

(3)療養種別における療養期間
 (例)診断日:令和3年4月1日 届出受理日:令和3年4月1日 療養解除日:令和3年4月15日 
     宿泊療養→医療機関へ入院された方の場合

    自宅療養をした期間:令和3年4月1日~令和3年4月2日
    宿泊療養をした期間:令和3年4月2日~令和3年4月5日
    入院期間:令和3年4月5日~令和3年4月15日

 

請求方法

 就業制限解除通知書の発行を希望される方は、就業制限通知書に同封している就業制限解除確認請求書を療養期間終了後に、下記問い合わせ先に提出して下さい。
 ※療養期間中にお電話による事前予約や、療養期間中に請求書を事前に受付する対応はしておりません。ご了承下さい。

生命保険会社等への保険金請求について

 就業制限通知書及び就業制限解除通知書は、新型コロナウイルス感染症にり患していたことを証明する書類として、生命保険会社等への保険金請求の手続きを行う際に必要になります。八尾市保健所では上記通知書以外の書類の発行は行っておりませんので、ご了承下さい。

※傷病手当金や生命保険会社等が発行している療養期間を証明する書類等への記入は行っておりません。

各通知書に関するお問い合わせ・請求書の提出先

八尾市保健所 保健予防課 感染症担当

〒581-0006
 八尾市清水町1丁目2-5

電話番号:072-994-6644(平日 8:45~17:15)

お問い合わせ

八尾市健康福祉部保健予防課(保健所)

電話: 072-994-6644

ファックス: 072-922-4965

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?