ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

10月・11月は麻薬・覚醒剤・大麻乱用防止運動月間です。

[2021年9月29日]

ID:59055

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

 麻薬、覚醒剤、大麻、シンナー、危険ドラッグ等の違法薬物は、個人の心と体をむしばむだけでなく、犯罪につながるなど社会に大きな危害をもたらします。
 昨年、府内では少年の大麻事件の検挙者数が全国最多で、今年も増加の一途をたどるなど深刻な状況であり、大きな社会問題となっています。
 SNS等では、「大麻はタバコやお酒より安全」などと誤った情報が流れていますが、薬物には強い依存症と心身への悪影響があり、死に至ることもあります。
 「一回だけなら大丈夫」という安易な気持ちは持たないでください。
 もし誘われても、キッパリと断りましょう!

 少年の大麻事犯について(別ウインドウで開く)(大阪府警察本部)

麻薬・覚醒剤・大麻等薬物についての相談

八尾警察 TEL:072-992-1234

少年の非行防止等に関する相談

グリーンライン TEL:06-6944-7867

お問い合わせ

八尾市健康福祉部保健企画課(保健所)

電話: 072-994-0661

ファックス: 072-922-4965

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?