ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

「脱いじめ傍観者教育」プログラム(4年生)を行いました。

[2022年5月21日]

ID:63438

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

5月16日(月)4年生で「脱いじめ傍観者教育」プログラムを実施しました。

市教委人権教育課と連携し『(株)ストップイットジャパン』の中村柾先生に講師になっていただき

大阪と千葉県をZoomのオンラインで結んで行いました。




「私たちの選択肢」という中学校を舞台にした
SNS上でのいじめについてのVTRを見て
いじめを自分が知ったときに
どのようにすればいいかを考えました。


いじめに関しては当事者同士はもちろんですが、周りにいる人たちを単に見ているだけ(傍観者)や

はやしたり、いじめる仲間に加わったりしないようにすることが大切です。





自分の考えをカメラを通して発表し
他のクラスはそれをモニターで見ています。

  授業の終わりに「振り返り」を書いています。


学級の中に限らず、いじめに気付いたときにどうするか、どんな行動をとるか、どうすればいいか ――。

日頃から考えていたいです。起こらないことが一番ですが、「起こさない」ためにも考えたいです。

授業の中で講師の先生もおっしゃっていましたが「正解」は必ずしもありません。

「自分のこととして 考えること」が大切なのではないでしょうか。

お問い合わせ

八尾市 (小・中学校、義務教育学校)刑部小学校

電話: 072-992-0011

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?