ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

メニューの終端です。

長生きの秘訣は「食事と読書、よく笑うこと」

[2019年9月26日]

ID:48350

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

市長が市内最高齢者を訪問

市長が花束をプレゼントする様子

 敬老の日のある今月の26日、大松市長が市内最高齢者の桺川チヨさんを訪問し、長寿を祝いました。
 桺川さんは、明治44年生まれの107歳で、市内唯一の明治生まれとなります。新聞や雑誌を読むことが日課で、毎日欠かさずココアパウダーを付けたバナナやおかゆを食べることで健康を維持しています。また以前は茶道・華道の師範をされていたこともあり、現在の元気な姿につながっています。

桺川さんとその家族、施設の職員などとの集合写真

 この日は、遠方に住む甥や、利用している施設の職員なども桺川さんの自宅に集まり、皆で長寿を祝いました。市長や社会福祉協議会の山下会長らがそれぞれ祝辞を述べ、記念品や花束を手渡すととても嬉しそうに笑顔で受け取り、市長が「お会いできてとても嬉しい。市内の敬老会などでも桺川さんの話をさせていただいている」と話すと、「出演料をもらわないとね」と冗談で返すなど、訪れた人たちとの会話を和やかに楽しみました。昨年も市内最高齢者としてお祝いをしたことを受け、皆が口々に「まだまだ記録を作りましょうね」と話すと、満面の笑みでうなずいていました。
 八尾市の100歳以上の高齢者は、令和元年9月1日時点で、女性99人・男性9人の合計108人。

問合せ先

高齢介護課  TEL:072-924-3854

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

八尾市総務部市政情報課

電話: 072-924-3811

ファックス: 072-924-0135

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム