ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

メニューの終端です。

里山にできた農機具展

[2020年6月25日]

ID:53015

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

高安やまんねき「里のオブジェ展」

犬が田押し車を押すオブジェ

 およそ50~60年前の農機具を、身近な動物たちが引っ張りだし、遊んでいる様子を表現した「里のオブジェ展」が高安山のふもと、玉祖神社前で開かれ、ハイキングに訪れた人や地元の人たちの目を楽しませています。使用されている農機具は地元の住民から提供されたもの。

キジが大八車(人力荷車)に乗るオブジェ

 高安地域は、古くから切花や花木栽培が盛んで「花づくりの里」とも言われています。この地域では「良い菊を咲かすためには、翌年にお米を作ると良い土になる」と伝えられ、米作りも盛んであったことから、米作りに使用された農機具が多く残っています。

オブジェ展全体の写真

 パネルに描かれた動物たちは、高安山に身近に生息する動物や昆虫たち。犬が田押し車(草刈り機)を使う様子やキジが大八車(人力荷車)に乗る様子など、当時の様子が面白く表現されており、展示品は約20点に及びます。
 主催したグラフィックデザイナーの牧江良祐さんは「このパネル展を見て、新型コロナウイルスによる沈んだ気分が少しでも明るく、前向きになっていただければ」と話していました。


※里のオブジェ展へのアクセス
玉祖神社前(大阪府八尾市神立5-93周辺)
近鉄信貴線・服部川駅から北に徒歩約40分

問合せ

市政情報課 電話 072-924-3811

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

八尾市総務部市政情報課

電話: 072-924-3811

ファックス: 072-924-0135

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム