ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

メニューの終端です。

林野火災を想定した消防総合訓練を実施

[2020年11月12日]

ID:54676

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

協力協定締結の大阪広域生コンクリート協同組合と合同で

現場に向かう消防隊員

 11月9日~15日の秋季全国火災予防運動の一環として、防災協定を締結した大阪広域生コンクリート協同組合と合同で、林野火災を想定した秋季消防総合訓練が、11月12日に実施されました。

 今回の訓練は、いざ発生すると広範囲かつ長時間の消火活動が懸念される林野火災に迅速に対応できるよう、高安山麓の高安千塚古墳群の周辺で行われたもの。山間部における消火活動では水利の確保が非常に困難であることから、多量の水を運ぶことができる生コンクリートミキサー車による消火用水の供給訓練も併せて行われました。なお、本市は今年8月に大阪広域生コンクリート協同組合と「災害発生時における水利確保の協力に関する協定」を締結しており、それに伴って今回の訓練を合同で行う運びとなりました。

放水するミキサー車

 訓練は、登山者の煙草の不始末による火災を通行者が知らせる通報からスタート。実際の通報時と同じように、通報者役の職員が携帯電話で119番に連絡、指令センターからの出動指令によりすぐさま現場指揮本部が設置され、まずは沢などの自然水利やジェットシューター(背負式消火水のう)による消火活動を実施しました。その後、協力要請を受けたミキサー車2台が本市水道局の高安受水場から補水した水を積み本部に到着。設置した5トン水槽へ放出ののち、中継地点を経て火災現場への放水が行われました。
また、大阪市消防局のヘリコプターや本市救助隊所有のドローンによる上空からの情報収集、消防団や水道局との連携なども訓練に盛り込まれ、消火活動だけでなく各関係機関との調整なども含めた総合的な訓練となりました。

敬礼する職員

 最後に消防署長から「幸い本市での林野火災は近年起こっていないが、それはすなわち林野火災を経験した職員が少なくなっているということ。このような訓練を通じて、実際に起こった際には迅速に消火活動を行い、市民の安全が守れるようにしておいてほしい」と講評があり、訓練は滞りなく終了しました。

山を登る隊員
現場指揮本部
山を下る隊員

問合せ

消防本部消防署第1警備課 電話:072-992-2980

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

八尾市総務部市政情報課

電話: 072-924-3811

ファックス: 072-924-0135

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム