ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

メニューの終端です。

食卓に早春の香りを!「八尾若ごぼう」

[2022年2月9日]

ID:62030

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

ブランド野菜「八尾若ごぼう」の出荷が始まりました

畑で八尾若ごぼうを収穫する農家の浅井さん

 平成25年8月に特許庁から「地域団体商標登録」の認可を受けたブランド野菜「八尾若ごぼう」の出荷が最盛期を迎えています。若ごぼうは、江戸時代に現在の大阪市内の上町台地で多く栽培され、大正時代の頃から八尾市域でも栽培されるようになりました。現在は、八尾市の南高安地区を中心に約100軒の農家が栽培しており、収穫量は全国でもトップクラスを誇ります。

収穫した八尾若ごぼうを出荷する準備をしている様子

 また、八尾産の若ごぼうは出荷の際、矢のような形に束ねることから「やーごんぼ」とも呼ばれ、春の訪れを告げる野菜として古くから親しまれてきました。根を利用する普通のごぼうとは別の品種で、軸や根、葉まですべておいしく食べられます。栄養価が高く、食物繊維やカルシウム、鉄分、ビタミンB₂が豊富に含まれています。また、葉にはポリフェノールの一種である「ルチン」がケールの約4倍も含まれているため、栄養満点の野菜として人気があります。

八尾若ごぼう

 市内で八尾若ごぼうを栽培する浅井さんは、この日、自宅に構える作業場で、近くの畑から収穫した八尾若ごぼうの出荷作業を行っていました。収穫してきたばかりの八尾若ごぼうが並べられた作業場は、土と若葉の香りに包まれ、一足早い春の訪れを感じさせました。浅井さんは「おいしくて体にも良いので、ぜひたくさんの人に食べてもらいたい。今が旬の『八尾若ごぼう』で季節を感じてほしい」と話していました。

問合せ

八尾市 政策企画部 広報・公民連携課

電話:(072)924-3811

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

八尾市政策企画部広報・公民連携課

電話: 072-924-3811

ファックス: 072-924-0135

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム