ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

メニューの終端です。

古墳時代にタイムスリップ⁉身近な古墳を間近で見学

[2022年3月24日]

ID:62580

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

「高安千塚古墳群で写真撮影会と被葬者体験⁉」を開催

古墳内での写真撮影

 3月21日に「高安千塚古墳群で写真撮影会と被葬者体験⁉」が開催され、約15名が参加しました。この催しは、近畿地方でも有数の大型群集墳である高安千塚(せんづか)古墳群の見学を通して、より多くの人に身近にある古墳の魅力を知ってもらおうと開催されたもので、今回で3回目となります。

 服部川駅を出発し、まず最初に抜塚(ぬけづか)古墳(大窪[おおくぼ]・山畑[やまたけ]7号墳)と大窪・山畑8号墳を見学。現在、抜塚は石室の通路である羨道(せんどう)部分のみが残っており、トンネル状になった部分を通りながらその大きさを確認できます。その後、服部川42号墳、78号墳などを見学したあと、全国的にも類例のない2つの玄室をつないだ構造をした二室塚(にしつづか)古墳(服部川25号墳)を見学。古墳の中は特別にライトアップされており、参加者の皆さんは古墳の大きさや構造についての説明を聞きながらスマートフォンやデジタルカメラでその姿を写真に収めていました。

被葬者体験

 最後に訪れた服部川7号墳では、特別に土器が古墳内に展示され、史跡保存活用ボランティアの方が製作した石棺のレプリカも設置。参加者の皆さんは実際に石棺の中で横になり、被葬者気分を味わったり、土器を観察しながら1500年以上前の古墳時代へのタイムスリップを楽しんでいました。参加者の一人は「普段入ることのできない古墳の内部を観察できて興味深かった」と話していました。

抜塚
古墳の見学
服部川78号墳

※高安千塚古墳群の詳細は「国指定史跡 高安千塚古墳群」のページをご覧ください。
「国指定史跡 高安千塚古墳群」のページへのリンク

問合せ

観光・文化財課 電話072-924-8555


ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

八尾市政策企画部広報・公民連携課

電話: 072-924-3811

ファックス: 072-924-0135

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム