ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

メニューの終端です。

古墳で楽しむ八尾の春

[2022年4月21日]

ID:63010

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

心合寺山古墳の桐の花が見ごろ

桐の花

 中河内最大の前方後円墳である心合寺山(しおんじやま)古墳にある桐の花が見ごろを迎え、訪れた人の目を楽しませています。

 桐の木は、古墳の後円部(丸い部分)に2本立ち並び、その高さは約15m。平成30年9月には、台風により枝が大きく折れるなどの被害がありましたが、今年も枝先から5~6センチの面長で薄紫の花を咲かせ、古墳が一般開放される午前9時から午後5時の間(火曜日除く)は、間近に桐の花を眺めることができます。

桐の花を観賞される様子

 心合寺山古墳は、5世紀前半ごろに造られた全長160mの前方後円墳で、中河内一帯を治めた豪族の墓と考えられています。平成17年に、歴史を体感できる場として復元整備された際、もともとあった桜や桐の木などは残しながら、新たにさまざまな木々や草花が植えられ、自然に包まれた環境の中で四季を感じながら、歴史に親しめる場となっています。
また、古墳の隣にある、しおんじやま古墳学習館では、心合寺山古墳をはじめとする周辺の古墳を学ぶことができ、子どもたちにも分かりやすい展示・映像コーナーや、歴史を体感できる楽しいイベントや講座も行っていて、子どもから大人まで楽しめる施設です。

 しおんじやま古墳学習館長のお話では、今年は下旬までが見ごろであり、桐の上部に多く花が咲いているため、花を観賞する場合は古墳の上からが見やすくなっているとのこと。桐の花の鑑賞に来られた方は「桐の花を初めて見ましたが、薄紫色の花がとてもかわいい。古墳の上で咲く様子もめずらしくて思わず写真を撮りました」と笑顔で話していました。

桐の花
下から桐の花を観賞される様子
しおんじやま古墳

問合せ

しおんじやま古墳学習館 電話072-941-3114


ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

八尾市政策企画部広報・公民連携課

電話: 072-924-3811

ファックス: 072-924-0135

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム