ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

メニューの終端です。

ゴーヤを育てて楽しく省エネ

[2022年5月31日]

ID:63783

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

~ 地球にやさしい「みどりのカーテン」講座開催 ~

プランターにゴーヤを植える2人の女性

 本格的な夏を迎える前に、強い日差しをやわらげて涼しく快適に過ごすことができる「みどりのカーテン」作りに取り組んでもらおうと、5月31日公園管理事務所で「みどりのカーテン」の育て方講座が行われました。

実演で講義を聞く参加者たち

 「みどりのカーテン」は、ゴーヤやきゅうりなどのツル性植物を窓や壁に設置したネットなどにはわせて、日陰を作るものです。日差しをさえぎるだけではなく、地面や壁からの「輻射熱(ふくしゃねつ)」を抑えたり、水分を地中から吸い上げて発散する植物の蒸散作用で、空気中の熱を奪う効果もあり、通常のカーテンよりも涼しさを感じることができるといわれています。さらに、花や収穫物も楽しめることから人気が高まり、最近では家庭のほか、学校や企業などでも見られるようになっています。

植えたゴーヤに水をあげる女性

 講座では、はじめにツル性植物の特性や栽培・管理方法についての講義ののちに、苗の植え付け方とその後の手入れの仕方などの実習が行われました。講師から「植物に水をやることが重要な理由は新鮮な酸素を取り込むため」「主要となるツルを定期的に切っていくことで若いツルが扇状に広がり、遮光率が高くなる」など、ポイントを丁寧に解説。参加者からも「苗と苗の間隔はどのくらい開けて植えた方がよいか」「土を乾かさないようにするにはどうすればいいのか」など、多くの質問が出されていました。

ゴーヤの苗を机に置いて、講義に聞き入る女性

 終了後、ゴーヤときゅうりの苗がプレゼントされた参加者は「花を育てたことはあるが野菜作りは初めて。帰ったら早速みどりのカーテンづくりにチャレンジして、涼やかな夏を感じたい。」と話していました。

■問合せ

農とみどりの振興課 電話: 072-924-3869

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

八尾市政策企画部広報・公民連携課

電話: 072-924-3811

ファックス: 072-924-0135

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム