ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

メニューの終端です。

「がん」の基礎知識を小学生が学ぶ

[2022年5月17日]

ID:63906

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

~ 高安小中学校で「がん教育」の出前授業 ~

出前授業を受けている多数の児童と説明をする女性講師

 5月17日、高安小中学校にてがんについての基礎知識を学ぶ「がん教育」の出前授業が行われました。
 講師は八尾徳洲会総合病院の河島茉澄医師。八尾徳洲会総合病院は、これまでも、子どもたちの「がん教育」に力を入れ、医師や看護師が学校へ出向き、がん予防やがんについての正しい情報の発信などの啓発活動を行っており、市が進める公民連携の取り組みとして開催するものです。

女性講師

 当日は、6年生45人が参加し、がんについて事前に学習したうえで当日の授業に臨んだことから、講師からの質問に対して児童が的確に答えたため講師が驚く場面もありました。授業では、誰でもがんになる可能性があり、がんにならないためには「予防」と「早期発見」が重要で、「予防」のためには正しい生活習慣が、「早期発見」には定期的ながん検診が必要との説明を児童は真剣な眼差しで聞いていました。

 授業の最後には、児童からの質問も行われ、「2つ以上のがんが同時にできることはありますか」や「後遺症はどのようなものがありますか」など積極的に質問し、児童たちはがんについての理解を深めていました。

■問合せ

広報・公民連携課 公民連携係 電話: 072-924-3842

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

八尾市政策企画部広報・公民連携課

電話: 072-924-3811

ファックス: 072-924-0135

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム