ページの先頭です

公文書公開の決定に不服のあるときは?

[2017年12月4日]

公文書公開の決定に不服がある場合の手続き

 公文書を公開できない旨の決定に不服があるときは、実施機関に対して、不服申立てをすることができます。
 この場合、実施機関は、公平で客観的な判断をするため、学識経験者の委員で構成する情報公開審査会に諮問し、その答申を尊重した不服申立てに対する決定をします。
 
 

情報公開審査会

情報公開審査会とは
 情報公開審査会は、実施機関が行った公文書を公開できない旨の決定に不服がある場合の申立てについて審議するほか、情報公開制度の運営に関する組織・手続きのあり方、非公開基準など、制度の重要事項について、実施機関の諮問に応じて審議を行う組織です。

情報公開審査会のメンバー
 審査会は、市長が委嘱する5人以内の委員で構成され、その任期は2年となっています。

設置根拠・審査会委員名簿

Adobe Reader
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

八尾市情報公開審査会の会議録

八尾市情報公開審査会の会議録を下記に掲載しますので、ご覧下さい。

より良いホームページにするため、アンケートにご協力ください

なお、この欄からのご意見・お問合せには返信することができませんのでご了承ください。
回答が必要なご意見・お問合せは「ご意見・お問合せ(別ウィンドウが開きます)」ページよりお願いします。

1.このページは分かりやすかったですか?

お問合せ

八尾市総務部 情報公開室

電話: 072-924-9861 ファックス: 072-924-9755

 情報公開室へのお問合せフォーム


公文書公開の決定に不服のあるときは?への別ルート