ページの先頭です

水道局の災害対策について

[2016年7月4日]

災害に備えて

 大地震は、電気・ガス・水道などのライフラインに大きな被害を及ぼします。
水道局では、近い将来発生が危惧される「南海トラフ地震」に備え、被害を最小限に留めるために計画的に施設の耐震化をすすめるとともに、災害時において必要な飲料水を確保するため、「応急給水拠点」の整備をすすめています。また、大阪広域水道企業団によって設置されている「あんしん給水栓」を給水拠点とした応急給水訓練を行っています。
 いざという時のために、避難場所とともに、身近な「応急給水拠点」や「あんしん給水栓」の位置を確認しておきましょう。

応急給水拠点

応急給水栓の写真画像です。

 災害時においても、被災者の生命、生活を守るため必要不可欠な水の確保を目的に、市内4ヶ所(受水場、配水池など)に応急給水栓を整備しています。もし、地震で被災した場合でも、この給水地点で飲料水が受けられるほか、病院や避難所にはタンク車などで運搬給水されます。

応急給水拠点位置図(4ヶ所)

Adobe Reader
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

あんしん給水栓

あんしん給水栓の写真画像です。

「あんしん給水栓」とは、地震等でも比較的破損しにくいとされる大口径の大阪広域水道企業団の送水管を利用して、市民の皆さんに飲料水などの緊急用水を確保する設備です。市内36ヶ所にあんしん給水栓が設置されており、災害時には、臨時に組み立て式の給水栓を取付けて給水します。取付けは職員が行いますので、市民の皆さんは触れないようご協力お願いします。
※送水管が破損した場合など、飲料水が確保できないことがあります。あらかじめご了承ください。

あんしん給水栓位置図(36ヶ所)

Adobe Reader
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

ご家庭でも飲料水の備蓄を!

 人が生きるためには、1日当たり最低3リットルの飲料水が必要と言われています。
万が一に備えて、ご家庭でも飲料水の備蓄をお願いします。
災害用備蓄水の画像です。

 

より良いホームページにするため、アンケートにご協力ください

なお、この欄からのご意見・お問合せには返信することができませんのでご了承ください。
回答が必要なご意見・お問合せは「ご意見・お問合せ(別ウィンドウが開きます)」ページよりお願いします。

1.このページは分かりやすかったですか?

お問合せ

水道局 経営総務課
電話: 072-923-6546 ファックス: 072-991-5991
メールアドレス:suidousoumuka@city.yao.osaka.jp