ページの先頭です

住宅履歴情報(いえかるて)について

[2016年3月4日]

住宅履歴情報とは

住宅履歴情報(いえかるて)とは、住宅の設計・施工・維持管理・権利及び資産に関する情報であり、住まいの履歴書のようなものです。
住宅を長持ちさせるためには維持管理が不可欠であり、適切な維持管理のためには、住宅がどのように設計・施工され、どのような修繕・改修が行われたかを住宅履歴情報(いえかるて)で記録・保存していく必要があります。長期優良住宅では、住宅履歴情報(いえかるて)を記録し保存していくことが義務付けられています。
また、住宅履歴情報(いえかるて)の記録の保存をより確実かつ効率的に行っていただくためには、情報蓄積を支援するサービスの提供が市場において行われることが望まれます。

協議会のご案内

一般社団法人 住宅履歴情報蓄積・活用推進協議会
住宅履歴情報蓄積・活用推進協議会は、住宅履歴情報の蓄積と活用を支援する業務を行う事業を行っている住宅履歴情報サービス機関等が会員の一般社団法人であり、住宅履歴情報(いえかるて)の普及・啓発や住宅履歴情報サービス機関の紹介などを行っています。

一般社団法人 住宅履歴情報蓄積・活用推進協議会ホームページ(別ウインドウで開く)

より良いホームページにするため、アンケートにご協力ください

なお、この欄からのご意見・お問合せには返信することができませんのでご了承ください。
回答が必要なご意見・お問合せは「ご意見・お問合せ(別ウィンドウが開きます)」ページよりお願いします。

1.このページは分かりやすかったですか?

お問合せ

八尾市建築部住宅政策課

電話: 072-924-3783 ファックス: 072-924-2301

住宅政策課へのお問合せフォーム


住宅履歴情報(いえかるて)についてへの別ルート