ページの先頭です

AV出演強要・「JKビジネス」の被害にあわないために

[2017年4月25日]

平成29年4月は、AV出演強要・「JKビジネス」等被害防止月間です!

 「モデル・アイドルになりませんか」、「オーディションを受けないか」、「雑誌・テレビ番組等の撮影に協力して欲しい」
と声をかけられた、という経験を10代から30代の女性の24%が経験しています。
(「若年層を対象とした性暴力被害等の実態把握のためのインターネット調査」(平成29年2月)より)

 また、「高収入!」、「パーツモデル」、「チャットで話すだけ」
というアルバイトの募集広告を見つけ、応募した。
 その後、聞いていない・同意していない、性的な行為等の「写真」や「動画」の撮影をされた。
契約時に聞いていない性的な行為をするよう求められ、拒否すると、多額の違約金を請求された。
というような被害を受ける問題が発生しています。

あなたの大切な人が被害にあわないため

内閣府では、いわゆるアダルトビデオ出演強要問題、「JKビジネス」問題等に関する啓発サイトを開設し、

被害事例や相談窓口の情報を掲載しています。

詳しくは、こちら(内閣府男女共同参画局のホームページ)をご覧ください。

より良いホームページにするため、アンケートにご協力ください

なお、この欄からのご意見・お問合せには返信することができませんのでご了承ください。
回答が必要なご意見・お問合せは「ご意見・お問合せ(別ウィンドウが開きます)」ページよりお願いします。

1.このページは分かりやすかったですか?

お問合せ

八尾市人権文化ふれあい部人権政策課

電話: 072-924-9863 ファックス: 072-924-0175

人権政策課へのお問合せフォーム


AV出演強要・「JKビジネス」の被害にあわないためにへの別ルート