ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

人権相談

[2012年8月16日]

ID:2275

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

人権相談とは?

毎日の生活を営んでいく上で、私たちの身の回りでは、いじめや嫌がらせ、
差別や虐待など、さまざまな問題が起こっています。
このような問題の中で、これは人権問題ではないだろうかと感じていることや、
人権が侵害されたと感じても、身近に相談できる人がいないため、一人で心を痛めていることはありませんか。

そのようなときは、お気軽に人権相談窓口へ問い合わせください。
相談は無料で、難しい手続きは何もいりません。相談内容については、秘密を厳守します。
もし、悩んでいることがあり、「誰かに聞いてほしい」と思われることがあれば、
ひとりで悩まずにご相談ください。

八尾市には、3つの人権相談窓口があります。

相談窓口

人権擁護委員による相談(予約制)

法務大臣から委嘱を受けた人権擁護委員が、相談に応じます。
相談日時:毎月第1・3水曜日(祝日等例外あり)午後2時30分~午後4時30分まで(1組1時間まで)
申し込み先:人権政策課(TEL:072-924-9863)

人権侵害に関する特設法律相談(予約制)

障害者差別解消法・ヘイトスピーチ解消法・部落差別解消推進法のいわゆる「差別解消3法」に関する悩みに対して弁護士が相談に応じます。
相談日時:毎月第4金曜日(祝日等例外あり)午後1時30分~午後3時30分まで(1人30分まで)
申し込み先:人権政策課(TEL:072-924-9863)

人権相談

さまざまな人権問題について、相談に応じます。
相談受付時間:月~金(祝日等を除く)午前8時45分~午後5時15分
問い合わせ先:人権政策課(TEL:072-924-9863)


3つの相談窓口ともに、相談者の話をよく聞いたうえで、
助言や相談内容に応じた専門機関の紹介を行っています。
また、人権侵害に関する特設法律相談では、弁護士が法的なアドバイスを行います。

人権に関する相談(例)

  • 恋愛や結婚において同和地区出身であることを理由に、周囲から反対されるなどの部落差別を受けた。
  • 障がいがあること、外国人であることなどを理由に、公共交通機関や施設の利用を拒否された。
  • 子どもがいじめを受けているようだ。

お問い合わせ

八尾市人権文化ふれあい部人権政策課

電話: 072-924-9863

ファックス: 072-924-0175

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?