ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

「接続期における教育・保育実践の手引き」を作成しました

[2014年5月22日]

ID:25422

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

「接続期における教育・保育実践の手引き」を作成しました

「接続期における教育・保育実践の手引き」表紙

1 手引き作成の目的

 幼稚園・保育所と小学校が求められている役割や目的を踏まえ、発達と学びの連続性・一貫性を確保した体系的な教育・保育を円滑に行うことを目的として、「接続期における教育・保育実践の手引き」を作成しました。

2 手引きの特長

 本手引きでは、(1)「4つの育みたい力」に基づく「接続期に大切にしたい4つの視点」を定め、時期別でその教育・保育内容などを示していること、(2)接続期を「アプローチカリキュラム」と「スタートカリキュラム」にわけ、幼保小にて実践できるカリキュラムとして提示していること、(3)幼保小での取組み事例を多く紹介しています。

3 手引きの活用

 本手引きの活用の際には、この特長を活かすことで発達と学びの連続性・一貫性の確保に向けた、各幼稚園・保育所での教育・保育実践の充実や小学校での教育実践の充実、幼保小の連携強化につながると考えます。

「接続期における教育・保育実践の手引き」は、下部をダウンロードしてご覧ください。

お問い合わせ

八尾市教育総務部教育政策課

電話: 072-924-3888

ファックス: 072-991-4620

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?