ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

ごみの収集量について(お知らせ)

[2018年10月16日]

ID:36635

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

ごみの収集量について(お知らせ)

平成28年10月から新しい指定袋制度を開始し、2年が経過しました。市民の皆さんのご協力により、新制度開始後一年間で可燃ごみが約6,200トン(約▲13%)少なくなるとともに、資源として再利用できる容器包装プラスチックが約31%増えるなど、大きな効果が出ております。
新制度開始後2年目も、可燃ごみについては新制度開始前と比べると約12%減になっており、未だに高い減量効果を維持しております。また、容器包装プラスチックは新制度開始前よりも約30%増えており、更に分別が進んでいることが分かります。

月別 各ごみの収集量

可燃ごみ収集量のグラフ

※可燃ごみの収集量が減ることで焼却代(可燃ごみを焼却処理するためにかかる費用)が削減されます。

容器包装プラスチック収集量のグラフ
ペットボトル収集量のグラフ
資源物収集量のグラフ
複雑ごみ収集量のグラフ

お問い合わせ

八尾市経済環境部資源循環課

電話: 072-924-3866

ファックス: 072-923-7135

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?