ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

産業廃棄物不適正処理に対する取り組みについて

[2018年5月7日]

ID:41057

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

廃棄物の不法投棄や野焼きについて

中核市移行で産業廃棄物関連の事務が八尾市へ移譲

 八尾市の中核市移行に伴い、産業廃棄物処理業の許可・指導、排出事業者への規制・指導、また廃棄物の不法投棄及び不適正処理に対する指導といった業務権限が八尾市に移譲されました。

廃棄物の不適正処理の現状

 廃棄物の不法投棄及び不適正処理(以下「不法投棄等」という。)は、人通りの少ない道路や山間部といった場所で複数発見されており、建設系廃棄物などが長年山積みの状態で放置されたままとなっている場合があります。
 不法投棄等は一旦発生するとそれを解決するために相当の時間や労力を費やさなければなりません。

中核市としての八尾市の取り組み

 八尾市では不法投棄等の防止・改善に向けて、次の取り組みを行います。

監視パトロールの強化

 不法投棄等は人目に付かない場所や時間帯に行われる傾向があります。八尾市では、夜間の監視体制を整えて、悪質な現場を早期発見し、行為者を見つけ次第、適正かつ厳重な指導等を行っていきます。

地域拠点との連携

 山間部を中心に不法投棄等が多く見られることから、各地域拠点と緊密な連携を図り、地元地域を交えた未然防止の監視体制を構築していきます。

排出者・許可業者に対する立入指導

 産業廃棄物は、それを発生させた事業者が最後まで責任をもって適正に処理しなければならず、自ら処理する、あるいは許可業者に委託するにも、廃棄物処理法に基づいた基準を遵守する必要があります。
 そこで、排出者や許可業者に対して状況確認や立入を行い、マニフェストの適正な交付、保管及び処理基準の遵守等を指導することで、適正処理に繋がる取り組みを行っていきます。

お問い合わせ

八尾市経済環境部産業廃棄物指導課

電話: 072-924-3772

ファックス: 072-923-7135

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?