ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

産前産後期間の国民年金保険料が免除になります

[2020年5月20日]

ID:45007

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

国民年金保険料の産前産後期間の免除制度について

 次世代育成支援の観点から、国民年金第1号被保険者が出産を行った際に、出産前後の一定期間の国民年金保険料が免除されます。

国民年金保険料が免除される期間

出産予定日または出産日が属する月の前月から4か月間

(多胎妊娠の場合は、出産予定日または出産日が属する月の3か月前から6か月間)

※ 出産とは、妊娠85日(4か月)以上の出産をいいます。(死産、流産、早産された方を含みます。)

対象者

「国民年金第1号被保険者」で出産日が平成31年2月1日以降の方

届出時期

出産予定日の6か月前から届出可能です。

届出に必要なもの

●(1)または(2)のいずれか

 (1)国民年金手帳または基礎年金番号のわかるもの

 (2)マイナンバーカードまたは通知カードと本人確認書類

 ※通知カードについては令和2年5月25日廃止に伴い、記載事項に変更がないまたは正しく変更手続きが取られている場合に限り、マイナンバー証明書類として利用できます。

●出産前に届書を提出する場合、母子健康手帳など出産予定日が確認できるもの

  ※出産後に届書を提出する場合は原則不要(被保険者と子が別世帯の場合はお問合せください)

届出先

市民課 国民年金係

お問い合わせ

日本年金機構 八尾年金事務所(別ウインドウで開く) 電話:072-996-7711

市民課 国民年金係 電話:072-924-3848

お問い合わせ

八尾市 人権文化ふれあい部 市民課
電話: 072-924-8549 ファックス: 072-924-0220
メールアドレス:simin@city.yao.osaka.jp

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?