ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

新型コロナウイルス感染症に係る緊急対策

[2020年5月26日]

ID:51364

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

八尾市新型コロナウイルス感染症に係る緊急対策

八尾市では、新型コロナウイルス感染拡大を防止し、八尾市民のいのちと暮らしを守るため、各部局の力を総動員した総合的な緊急対策を実施します。

各事業の詳細について

FMちゃおによる動画

FMちゃおでは報道発表の様子を動画で公開しています。
動画はこちら(別ウインドウで開く)。(YouTube「FMちゃお79.2MHz」チャンネルにつながります。)

新型コロナウイルス感染症に係る緊急対策

Adobe Acrobat Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Acrobat Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Acrobat Reader をダウンロード(無償)してください。


新型コロナウイルス感染症に係る緊急対策 概要

(1)感染症拡大の防止
  1. 八尾市保健所の体制強化として、受診コールセンターの整備と専門職の増員
  2. 市民啓発チラシの新聞折込による各戸配布、公用車による街頭での呼びかけ
  3. 「新型コロナウイルス感染症対応・公民連携デスク」の設置 など
(2)市民の暮らしを支えるセーフティネットの強化
  1. 感染拡大の影響による解雇等により、居宅介護を余儀なくされた市民への市営住宅の提供
  2. 企業等の採用内定を取り消された学生等を対象とした市職員採用試験の実施
  3. 休業要請に応じていただいた中小企業等への支援金(大阪府と共同実施) など
(3)緊急事態後も見据えた対応
  1. 在宅保育児への図書カードの配布(大阪府未実施分の市独自配布
  2. インターネット出前代行サービスの活用や、非対面型ビジネスモデルへの業態転換にチャレンジする企業等へのサポート など

国・大阪府と歩調を合わせつつ、市民の皆様の安全・安心の確保と新型コロナウイルスの感染拡大の防止の取り組みについて、 本市独自の支援策の検討を進め、スピード感を持って緊急に求められるものから順次「八尾市緊急対策」として実施
第1弾緊急対策
第2弾緊急対策
随時実施の緊急対策
市民の生活・安全・安心の確保を最優先に取り組み、
以降、感染症の動向や経済情勢などを見極め、必要な施策を柔軟かつ大胆に講じていく
市独自策「新型コロナウイルス感染症対応・公民連携デスク」の設置
○ 新型コロナウイルス感染症の拡大が続く中、多くの企業や団体から当市に対して「自社の強み(製品、サービス)を対策に役立ててほしい」という善意の声が多く寄せられている。このような声を確実に受け止め、各部局の施策に着実につなげていくための体制を整える必要。
○ このたび当市では、このような役割を専従で担う「新型コロナウイルス感染症対応・公民連携デスク」を府内市町村では初めて設置する。
「新型コロナウイルス感染症・公民連携デスク」概要
<公民連携デスクの概要>
■主な機能
・新型コロナウィルス対策に、企業・団体等から製品やサービス提供の申し出や相談の受付
 例えば、「自社製品を市立病院や市内小学校に提供したい!」など
・新型コロナウイルス対策にあたり、現在、不足する必要な物資やサービス提供などの市からの協力依頼
 例えば、「御社の広告媒体を活用して、市の新型コロナウイルス対応の情報を提供してほしい!」など
■設置場所
 〒581-0003 八尾市本町一丁目1番1号 八尾市役所4階 政策推進課内
■電話番号
 072-924-3842
■受付時間
 平日 午前8時45分から午後5時15分まで
■備考
 専従スタッフ3人を配置

問合せ先:やおプロモーション推進PT 公民連携デスク

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?