ページの先頭です

消火器の不適切な点検訪問業者にご注意を!

[2017年9月22日]

 最近、事業所や一般家庭を突然訪問またはあらかじめ電話連絡をして消火器の点検などを行う点検訪問業者による被害が発生しています。高額な点検料を請求する場合もありますので、被害にあわないように十分注意してください。

あの手この手・・・

  1. 事前に十分な説明をせずに、契約書のような書類にサインや押印を求める。
  2. 立入検査と言って訪問し、消火器の点検をする。
  3. 消防署の許可を取って点検をしているように言う。
  4. 通常契約している点検業者を装って点検をする。
  5. 外部から見ただけで、点検したと言って請求する。 

被害にあわないための対処法

1 消火器の点検依頼があっても、不審な時は、その場ではっきり断るようにしましょう。
2 必ず責任者(防火管理者等)が立会って、消火薬剤の放射試験を行っているか確認をしましょう。
3 点検料の見積もりを取りましょう。
4 契約書のような書類にサインや押印を求められても、すぐに署名押印せず、書類の内容を十分確認しましょう。

不審な点や納得できない時は絶対に押印やサインをしないでください。

八尾市内で発生事例

 平成29年9月八尾市内の工場で発生した事例です。

 消防設備業者が電話で「明日、消火器の点検のため訪問させてもらう」との連絡があり、事務員が対応した。

 翌日、消防設備業者が訪問し、点検のため消火器11本を持ち帰るとのことで、契約書に事務員がサインをした。

 その後、約6万円の請求書を渡され事務員が受領し、その際に数日後に料金を支払わない場合、消火器は処分する旨を伝えられた。

※総務省消防庁のホームページ(別ウインドウで開く)でも、「消火器の訪問点検にご注意!」について情報提供しています。

啓発チラシ

Word Viewer の入手
docファイルの閲覧には Microsoft社のWord Viewerが必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Microsoft社のサイトから Word Viewer をダウンロード(無償)してください。

より良いホームページにするため、アンケートにご協力ください

なお、この欄からのご意見・お問合せには返信することができませんのでご了承ください。
回答が必要なご意見・お問合せは「ご意見・お問合せ(別ウィンドウが開きます)」ページよりお願いします。

1.このページは分かりやすかったですか?

お問合せ

八尾市 消防本部 予防課
電話: 072-992-2275(防火啓発係)
ファックス: 072-992-7722
E-mail: yobouka@city.yao.osaka.jp

消火器の不適切な点検訪問業者にご注意を!への別ルート